商品名フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用
商品名(EN)FrontlinePlusSpotonCat6Pipette
内容量1箱6ピペット
商品コード UP04368
主成分Fipronil 50 mg, (S)-Methoprene 60 mg
メーカーメリアル(Merial)


フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用の症状について

猫のノミアレルギー性皮膚炎とは、外部寄生虫であるノミに寄生され吸血される事で体内にノミの唾液が侵入しアレルギー反応を引き起こす事で発症する皮膚病の一種です。

主な症状としては、アレルギー反応を引き起こした部位に強い痒みのあるブツブツ(赤い発疹)ができ、猫は痒みにより患部を掻き毟る、舐める等の行動が頻繁に見られるようになります。
患部を繰り返し掻き毟る事によって、皮膚が傷つき患部が脱毛し出血が見られる事もあります。

フロントラインプラス,ジェネリック
フロントラインプラス猫
フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用の作用と副作用効果

フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用はメリアル社より販売されている、有効成分フィプロニルとS-メトプレン含有のノミ・マダニの予防駆除薬です。
本剤の有効成分であるフィプロニルは投与後わずか24時間で有効成分が全身へ広がり、既に寄生した殆どのノミを24時間以内、マダニを48時間以内に駆除する効果があります。

S-メトプレンは、投与後に既に寄生しているノミの体内に浸透する為、万が一そのノミを生き残り寄生動物の身体に卵を産んだ場合でも、S-メトプレンが卵の孵化や成長を阻害するため、事前に寄生を防ぐ効果があります。本剤の副作用としては、投与部の皮膚に一時的な痒みや発赤、脱毛等が見られる事が報告されています。

本剤の注意事項としては、本剤の投与直後の薬液が乾く前に対象動物及び他動物(特にウサギ)が舐めてしまうと一時的によだれや嘔吐等が見られる事が報告されている為、本剤の投与直後から薬液が完全に乾くまでは投与部を舐めさせないように注意する必要があります。

又、使用者についても薬液が完全に乾くまでは直接触れないように注意し、触れてしまった場合には必ず流水でしっかりと洗い流してください。

フロントラインプラス,比較
フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用の使用方法(投与方法)

フロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用は、本剤は首筋の皮膚へ直接垂らして投与するタイプの滴下式の薬である為、経口投与を苦手とする猫にも簡単に投与する事ができます。
本剤の投与方法としては、月に1回薬液が入っている容器(ピペット)の開封後、対象動物の首筋(肩甲骨の間)の被毛をしっかりとかき分け露出した皮膚に直接薬液を垂らして投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントラインプラス,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

先日2匹の生後2か月くらいの野良猫の赤ちゃんを保護しました。やっと我が家にも慣れて落ち着いてきたのですが、体を掻き毟る様子がよく見られるのでノミの寄生がこわくて購入しました。
薬を使用3日程経ちましたが、ひっきりなしに体を掻き毟っていた様子が嘘のようになくなったのでやっぱりノミがいたんだなと思うと恐ろしくなりました。この薬を購入して本当に良かったです。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントラインプラス,期間

このページは犬猫のペット用お薬のフロントラインプラス(FrontlinePlus) 猫用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。