商品名フロントラインスポットオン猫用
商品名(EN)FrontlineSpotOnCat3Pipette
内容量1箱3本
商品コード UP01077
主成分フィプロニル 10%
メーカーメリアル(Merial)


フロントラインスポットオン猫用の症状について

猫のノミアレルギー性皮膚炎とは、外部寄生虫の一種であるノミに寄生され吸血された際に、ノミの分泌液が体内に侵入する事でアレルギー反応を引き起こし発症する皮膚の病気です。
ノミアレルギー性皮膚炎の主な症状としては、好発部位である目や耳の周辺、背中や下腹部、鼠蹊部や四肢に強い痒みや赤い発疹、脱毛等が見られるようになります。

このような症状に対し猫は患部をしきりに掻き毟る事や舐める等の行動が頻繁に見られるようになり、行動が激しくなると患部に出血が見られる事もあります。

フロントライン,スポットオン ドック
フロントラインスポットオン猫
フロントラインスポットオン猫用の作用と副作用効果

フロントラインスポットオン猫用 (FrontlineSpotOnCat)はメリアル社より販売されている有効成分フィプロニル含有の、猫用のノミ・マダニの予防駆除薬です。
又、本剤は皮膚へ直接滴下するタイプの薬の為、経口投与が苦手な猫にも簡単に投与する事ができ、薬を投与する際のストレスや負担を軽減させる事ができます。

本剤を猫に投与する事で、ノミを24時間以内、マダニを48時間以内に駆除する事ができます。
又、1度の投与で5週間効果を持続する事ができます。
本剤の副作用については、痒みや発赤、脱毛等の皮膚疾患が一時的に見られる事が報告されています。

本剤の注意事項については、対象動物以外の動物(特にウサギ)への投与は禁忌とされている為注意が必要です。又、本剤の投与直後にシャンプーや水浴びをしてしまうと薬剤の効果が薄れる事がある為、投与後にシャンプーや水浴びをさせたい場合は48時間をおいてから行ってください。

フロントラインスポットオン,比較
フロントラインスポットオン猫用の使用方法(投与方法)

フロントラインスポットオン猫用 (FrontlineSpotOnCat)の投与方法は、薬液が入っているプラスチック容器(ピペット)を開封し、対象動物の肩甲骨(首筋)の皮膚へ直接滴下します。
注意事項としては、ピペットの開封時使用者に向けて開封してしまうと、ピペット内の薬液が飛び散り使用者の皮膚に付着する恐れがある為、開封の際は必ず外側を向けて開封してください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントラインスポットオン,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

先日野良猫を拾ってきたので、ノミの駆除を目的に購入しました。
ネットで調べると、ノミの駆除効果だけでなく予防もできるみたいなのでとても安心しました。
まだ子猫なので、副作用を心配しましたが特になにもなく大丈夫でした。
室内飼いだけでなく外にも出してあげたいと考えているので、今後もリピします^^

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントラインスポットオンプラス違い

このページは犬猫のペット用お薬のフロントラインスポットオン猫用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。