商品名フロントラインジェネリック猫用
商品名(EN)ProtektorSpotOn9.7%0.5ml
内容量0.5mlx1本
商品コードUP02784
主成分Fipronil 9.7%w/v
メーカーシプラ(Cipla)


フロントラインジェネリック猫用の症状について

猫のマダニ症とは、外部寄生虫であるマダニに寄生され吸血された際に体内にマダニの唾液などの分泌液が体内に侵入する事でアレルギー反応を引き起こし発症する皮膚病の一種です。
主な症状としては、アレルギー反応を引き起こした患部に強い痒みや痛み等が見られるようになります。
その為、猫は患部を掻き毟る、舐める等の行動が頻繁に見られるようになります。

病状が悪化すると、歩行障害や貧血等の症状も見られるようになります。
又、マダニ分泌液には日本紅班熱や、ライム病、ダニ麻痺症、バベシア症等の病気を引き起こす病原体を保有している為、マダニに寄生されるとマダニ症以外に重篤な感染症を引き起こす事もある為注意が必要です。

フロントライン副作用
フロントラインジェネリック猫
フロントラインジェネリック猫用の作用と副作用効果

フロントラインジェネリック(Protektor) 猫用はシプラ社より販売されている有効成分フィプロニルと(S)-メトプレン含有の、ノミ、マダニの予防駆除薬です。
又、メリアル社より販売されているフロントラインのジェネリック医薬品でもあります。

本剤の有効成分であるフィプロニルは、皮膚表面の皮脂層に広がり、24時間以内に全身に浸透し体に寄生したノミを24時間以内、マダニ48時間以内に駆除する効果があります。
(S)-メトプレンはノミの卵の孵化や成長を阻害する効果がある為、卵を成虫へ成長させる事なく、ノミの寄生を事前に予防する効果があります。

又、本剤は首筋に直接垂らすだけの滴下式を採用しており、口から飲むタイプの経口投与を苦手とする猫にも簡単に投与する事ができる為、薬を飲む事で引き起こされるストレスを大幅に軽減する事ができます。
本剤の副作用としては、投与部位に一過性の痒みや発赤、脱毛が引き起こされる事があります。

本剤の注意事項としては、本剤を動物が舐めた場合、一過性のよだれが見られる事がある為、本剤の投与直後は対象動物及び多頭飼いの動物(特にウサギ)が舐めてしまわないように注意する必要があります。
又、使用者についても投与直後は投与部位を触らないようにし、万が一薬液が乾く前に触れてしまった場合には流水でしっかりと洗い流してください。

フロントラインジェネリック,比較
フロントラインジェネリック猫用の使用方法(投与方法)

フロントラインジェネリック(Protektor) 猫用の投与方法としては、月に1度プラスチック容器(ピペット)に入っている薬液を対象動物の首筋(肩甲骨の間)の皮膚へ直接垂らし投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントラインジェネリック,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

うちの猫はもともと野良猫でしたので、ずっと家の中に閉じ込めておくのがかわいそうなので天気の良い日には庭で遊ばせています。
しかし、この時期になるとよく首や目の周りにマダニをくっつけて帰ってくるのでその駆除と予防の為に購入しました。

マダニは目に見える為、くっついていれば取ってあげればよいのですが、ノミとなると見えないので困っておりましたが、この薬を使ってからは身体をかゆがる様子がなくなったので、薬の効果に毎回満足しております。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
フロントライン,ジェネリック,マイフリーガード

このページは犬猫のペット用お薬のフロントラインジェネリック猫用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。