商品名ドロンタールキャット [猫用]
商品名(EN)Drontal Cat
内容量 1箱40錠
商品コードUP01085
主成分プラジクアンテル20mg/パモ酸ピランテル230mg
メーカーバイエル(Bayer)


ドロンタールキャット [猫用]の症状について

猫における回虫症とは、線虫に属する外部寄生虫の一種である回虫に対象動物が寄生される事によって引き起こされる病気です。回虫症の主な症状としては、食欲減退、体重減退、腹痛、腹満、下痢、貧血等の症状が見られるようになります。

又、嘔吐や下痢をした場合、吐瀉物や排泄物にひも上の回虫が含まれている事があります。
寄生された対象動物が子猫の場合には、著しい発育不良が見有れる事があります。

ドロンタールキャット最安値
ドロンタールプラス猫
ドロンタールキャット [猫用]の作用と副作用効果

ドロンタールキャット(DrontalCat)はバイエル社より販売されている、有効成分プラジクアンテル20mg、パモ酸ピランテル320mg含有の猫専用消化管内寄生虫駆除薬です。

本剤の有効成分であるプラジクアンテルとパモ酸ピランテルには、線虫及び条虫の成虫や産卵前の未成熟な線虫及び条虫の運動を麻痺させ駆除する作用がある為、主に消化管内に寄生する寄生虫駆除の治療に用いられます。

本剤の副作用については、本剤の基準を上回る高用量投与により、一過性の嘔吐や流涎、下痢や食欲不振、頭痛等が発現する事が報告されています。
本剤の注意事項については、妊娠中及び授乳中の猫への投与やピペラジンとの併用は禁忌とされている為注意が必要です。

ドロンタールジェネリック猫
ドロンタールキャット [猫用]の使用方法(投与方法)

ドロンタールキャット(DrontalCat)の投与方法としては、通常1ヶ月から3ヶ月毎に1回、猫の体重に合わせた用量を経口投与します。
又、ノミの駆除と同時に行ってください。
体重毎の基準量については下記を参照してください。

体重0.5kg以上 2.0kg未満の猫に対して本剤を1/2錠
体重2.1kg以上 4.0kg未満の猫に対して本剤を1錠
体重4.1kg以上 6.0kg未満の猫に対して本剤を1・1/2錠
体重6.1kg以上 8.0kg未満の猫に対して本剤を2錠

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ドロンタール猫激安
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

先月、室内飼いの猫が開きっぱなしだった窓から逃げ出し暫く帰ってこないという事件がありました。
その後無事保護する事が出来たのですが、その際に悪い寄生虫も一緒に持って帰って来たようです。
今月に入りお尻からサナダムシが飛び出しているのを何度か目撃し、慌てて薬を購入しました。

元々野良猫だったので、我が家に来たばかりの時に動物病院からこの薬と同じ物を処方された事があるのですが、あの時の値段とこちらのサイトの値段とでは比べものにならないくらい安く購入できたのでとても嬉しく思っています。寄生虫についてもすっかり姿を見せなくなったので、おそらく全部駆除できたと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ドロンタールキャット,間隔

このページは犬猫のペット用お薬のドロンタールキャット [猫用]の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。