商品名イリウム・クロロイント眼軟膏 トロイ社
商品名(EN) ChlorointEyeOintment (Troy Ilium Chloroint Eye Ointment)
内容量 1本5g
商品コードUP03640
主成分 Chloramphenicol 10mg/g,Hydrocortisone Acetate 5mg/g
メーカー Troy Laboratories


イリウム・クロロイント眼軟膏 トロイ社の症状について

犬の結膜炎とは、眼球内にある結膜に炎症が引き起こされ発症する眼の病気です。
結膜炎の主な原因としては、眼にゴミやシャンプー等の異物が侵入する物理的な刺激や細菌等の微生物によるものが殆どです。

症状が片目のみに見られる場合には物理的な刺激原因である事が多く、症状が両目に見られる場合には細菌等による感染症が疑われます。又、生後間もない子犬は結膜炎を引き起こしやすく、これを新世子結膜炎と言います。

結膜炎の主な症状としては、強い痒みや痛み、白目の充血、涙や眼ヤニが多くなる、眼球が腫れる等の症状が見られるようになります。
このような症状に対し犬は、眼を四肢や床、壁等に擦りつける様子が頻繁に見られるようになります。

イリウム・クロロイント最安値
イリウム・クロロイント猫
イリウム・クロロイント眼軟膏 トロイ社の作用と副作用効果

トロイ社イリウム・クロロイント眼軟膏(Troy Ilium Chloroint Eye Ointment)はTroy Laboratories社より販売されている有効成分クロラムフェニコールとヒドロコルチゾンを含有した眼軟膏です。
本剤の有効成分であるクロラムフェニコールは抗生物質であり、多くの細菌に対して優れた有効であり主に細菌性の結膜炎の治療に用いられます。

ヒドロコルチゾンは副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の一種で、様々な疾患の炎症による痒み、痛み、腫れ、発赤の緩和やアレルギー反応を抑制する効果があります。
本剤の副作用については、一過性の食欲減退や嘔吐、軟便及び下痢、多尿症、肝障害等が見られる事が報告されています。

本剤の注意事項については、妊娠期間中及び授乳期間中の猫への使用はできない為注意が必要です。
又、本剤は獣医師に指示された用法用量を守り長期間の使用はしないでください。

イリウム・クロロイント,犬猫の結膜炎・角膜炎
イリウム・クロロイント眼軟膏 トロイ社の使用方法(投与方法)

トロイ社イリウム・クロロイント眼軟膏(Troy Ilium Chloroint Eye Ointment)の投与方法としては、1日2回から3回を結膜嚢に本剤を1㎝程投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
イリウム・クロロイント,眼軟膏
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

先月保護した生まれたばかりの子犬が結膜炎を発症した為、その治療の為に購入しました。
結膜炎の症状がかなりひどく両目共に眼ヤニで塞がっていて一時期は本当にかわいそうな状態でしたが、薬を塗り始めて数日のうちに症状の殆どが改善され本当に安心しました。
副作用も一切なく、今ではすっかり良くなり室内を元気に走り回っています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
イリウム・クロロイント,細菌性結膜炎治療薬

このページは犬猫のペット用お薬のイリウム・クロロイント眼軟膏 トロイ社の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。