【EU版レボリューション】ストロングホールド45mg猫用 は、フィラリア(犬糸状虫)予防やノミ・ミミヒゼンダニ駆除、シラミ・回虫・鉤虫症の感染予防の効果があります。月に一回に皮膚投与が簡単なスポット剤なので飲み薬を上手くいかないペットに有効です。

 

商品名 【EU版レボリューション】ストロングホールド45mg猫用
商品名(EN)StrongholdCat45mg6Pipette
内容量 6本
商品コード UP02819
主成分 セラメクチン(selamectin)6%
メーカー Zoetis / ファイザー(Pfizer)
・ストロングホールド45mg(2.6kg~7.5kgの猫用)の症状について

フェラリアとは、猫・犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫の事をいいます。
猫におけるフェラリア症の症状は、初期症状として咳などの呼吸障害がみられます。
その他にも下痢や嘔吐、体重が減る事や寝て過ごす事が増える事などが報告されています。
しかし、フェラリア症の初期段階では症状が殆どみられないケースが多く、早期発見が遅れてしまう事が多いです。
その為、日頃からフェラリアの予防を行う事が重要です。

 

ストロングホールド,猫,フロントライン
・ストロングホールド45mg(2.6kg~7.5kgの猫用)の作用と副作用効果

【EU版レボリューション】ストロングホールド(Stronghold)45mg(2.6kg~7.5kgの猫用)の効果は寄生虫(フェラリア・ノミ)の予防とダニの駆除ができます。
又、生後6週間以上の猫(体重は2.6㎏~7.5㎏)が対象となっております。
月に1度の使用で寄生虫(フェラリア・ノミ)を一ヶ月間予防する事ができます。又、ノミの卵の孵化を一ヶ月間遅らせる効果もあります。
安全性も非常に高く、副作用も少ないとされております。
稀にみられる副作用としては、嘔吐・食欲減退・元気がなくなる・意識障害・運動麻痺・塗布した部分の毛が抜ける等が報告されています。
又、人体への影響としては、薬に含まれている成分であるセラメクチンは哺乳類に対して安全性が非常に高く、誤って人の皮膚に付着しても無害です。
しかし、目に入ってしまった場合は、ただちに流水で洗い流してください。痛みや充血などが引かない場合は、専門医にご相談ください。

ストロングホールド,レボリューション,猫
・ストロングホールド45mg(2.6kg~7.5kgの猫用)の使用方法(投与方法)

こちらの商品はプラスチックのチューブに入っており、首のあたりの皮膚に直接塗布して使用します。
使用方法としましては、
①薬を投与する前に身体を洗い清潔にする(濡れたままでの使用は効果が薄れる為しっかりと乾かしてから投与しましょう)
肩甲骨前方(首の後ろ)の毛をかき分けて皮膚を露出させます。
③ストロングホールドの封を開け、露出させた皮膚に直接塗ります。

※使用したストロングホールドは一度で使い切ってください。
※薬投与後2時間はシャンプーを控えてください。薬を洗い流してしまうと効果が薄れてしまいます。投与後2時間経ったらシャンプーしても大丈夫です。

ストロングホールド,猫,ファイザー
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

うちの子は、大の病院嫌いで、めったな事では動物病院につれていきません。その為、フェラリアとノミ予防にはいつもコチラのサイトでストロングホールドを購入しております。
普段薬を飲むのが苦手なのですが、ストロングホールドのスポットオン式皮膚に塗るだけでよく確実に薬を投与できるうえに、非常に使いやすくフェラリアやノミの予防にはいつもコチラの商品を使用しております。
お値段も病院で購入するよりも安価で購入できお得です。

 

ストロングホールド,猫,楽天