商品名チバセンジェネリック10mg
商品名(EN)Lisonid10mg
内容量 1箱28錠
商品コードUP06168
主成分Benazepril 10mg
メーカー アクタビス(Actavis)
チバセンジェネリック10mgの症状について

犬の僧帽弁閉鎖不全とは、心臓の僧帽弁と呼ばれる弁が何らかの理由でうまく閉じなくなり、血流が通常時とは逆の方向へ流れてしまう事で引き起こされる心臓病の一種です。

主な原因としては、心臓内で僧帽弁の働きに関与している腱索や乳頭筋の異常や弁そのものが厚く変性する等が考えられており、好発犬種はキャバリアキングチャールズスパニエル、ミニチュアシュナウザー、チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、ペキニーズ、トイプードル等の小型犬に多く見られます。

僧帽弁閉鎖不全の症状としては、運動能力の低下、元気消失、運動時及び夜間に酷くなる咳や、チアノーゼ、酸欠による昏倒、心肥大及び心拡大等の症状が見られるようになります。

 

個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
チバセンジェネリック10mgの作用と副作用効果

チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠はActavis社より販売されている、有効成分塩酸ベナゼプリル含有の血管拡張薬で、ノバルティス社より販売されているフォルテコール錠の主成分と同一のものとなっています。

本剤の有効成分である塩酸ベナゼプリルには、慢性心不全や僧帽弁閉鎖不全、慢性腎不全、心臓肥大等の病気の原因となるアンジオテンシンⅡと呼ばれる物質を生成するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する作用がある為、本剤を投与する事で血中のアンジオテンシンⅡが軽減し、アンジオテンシンⅡの影響によって高くなり過ぎた血圧や腎糸球体内圧が減少され、血圧の降圧や尿たんぱくの漏出を抑制する事ができます。

その為、心臓にかかる負荷を大幅に軽減させ、慢性心不全や僧帽弁閉鎖不全、慢性腎不全、心臓肥大等の病状を良好な状態を維持しながら進行を遅らせる効果が認められています。
本剤の副作用については、一過性のふらつき及び虚脱等の副作用が見られる事がある為、投与後は愛犬の様子観察を行うようにしてください。

その他の副作用としては、嘔吐や軟便及び下痢等の症状が見られる事があります。
本剤の注意事項については、幼齢期の子犬及び子猫、体重が1.25kgの犬及び猫、妊娠期間中及び授乳期間中の犬及び猫への投与については安全性が確立されていない為禁忌とされています。

激安,最安値,処方,販売
チバセンジェネリック10mgの使用方法(投与方法)

チバセンジェネリック10mg (Lisonid10mg) 28錠の投与方法については下記の通りです。
犬の場合、体重1kgに対して有効成分塩酸ベナゼプリル0.25mgから1.0mgを基準量とし1日1回経口投与します。
犬の体重別の本剤の投与量については、
犬の体重2.5kg以上10.0kg未満の場合、本剤を0.25錠投与します。
犬の体重10.0kg以上20.0kg未満の場合、本剤を0.5錠投与します。
犬の体重20.0kg以上30.0kg未満の場合、本剤を0.75錠投与します。
犬の体重30.0kg以上40.0kg未満の場合、本剤を1錠投与します。

猫の場合、体重1kgに対して有効成分塩酸ベナゼプリル0.5mgから1.0mgを基準量とし、1日1回経口投与します。
猫の体重別の本剤の投与量については、
猫の体重2.5kg以上5.0kg未満の場合、本剤を0.25錠投与します。
猫の体重5.0kg以上10.0kg未満の場合、本剤を0.5錠投与します。

価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬の僧帽弁閉鎖不全の治療の為に購入しています。
今までは掛かりつけの動物病院でお薬を頂いていたのですが、薬代が高く家計を圧迫してしまいとても困っておりました。
試しにインターネットで調べてみると、動物病院で購入するよりも遥かに安価であった為こちらで購入する事にしました。

 

楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック