商品名レボリューション 15mg 子猫・子犬 [2.5kg以下]用
商品名(EN)REVOLUTION 15mg
内容量1箱3本
商品コード UP01087
主成分セラメクチン6%
メーカーファイザー(Pfizer)


レボリューション 15mg 子猫・子犬 [2.5kg以下]用の症状について

犬、猫におけるフィラリア症とは、外部寄生虫の一種であるフィラリア(別名:犬糸条虫)に寄生される事で発現する症状の全般の事を言います。
フィラリア症の感染経路としては、フィラリアの幼虫であるミクロフェリアに媒介されている蚊やブヨに吸血された際に、ミクロフェリアが体内へ侵入し寄生します。

フィラリア症には、慢性と急性があり、慢性フィラリア症の主な症状としては、気管支静脈の血流悪化により咳や息切れ、四肢のむくみ、散歩や運動を嫌がる等の運動能力の低下、肝臓や腎臓への障害、腹部に水が溜まる腹水等が見られるようになります。
急性フィラリア症の主な症状としては、呼吸困難、尿が赤褐色になる、元気消失、白目や歯茎に黄疸が出る等がみられるようになり、最悪の場合死に至るケースもあります。

レボリューション 犬,ファイザー
レボリューション 犬,マダニ
レボリューション 15mg 子猫・子犬 [2.5kg以下]用の作用と副作用効果

レボリューション(Revolution)15mg(2.5kg以下)はファイザー社より販売されている、有効成分セラメクチン6%含有の犬猫兼用のマクロライド系駆虫薬です。
本剤の有効成分であるセラメクチンは、経皮的に皮下組織まで有効成分が浸透させ、寄生虫の神経細胞の興奮と抑制を促し駆除する作用があり、犬に投与した場合には、犬糸条虫の寄生予防、ノミ成虫の予防や駆除、卵の孵化阻害及び殺幼虫作用、ミミヒゼンダニの駆除の効果があり、猫に投与した場合には、犬へ投与した場合と同一の効果に加え回虫駆除効果があります。

本剤の副作用については、投与後、投与部位に一過性の痒みや蕁麻疹、脱毛が見られる事があります。
本剤の注意事項については、生後6週齢未満の犬、猫への投与や投与部位に傷がある場合の投与は禁忌とされている為注意が必要です。

又、本剤を投与する前には必ず犬糸条虫感染の検査を行い、感染犬に投与する際には慎重に投与してください。
本剤の投与直後にシャワーや水浴びをしてしまうと薬剤が体内に浸透する前に流れてしまい効果に影響が出る恐れがある為投与後は2時間以内のシャワーや水浴びは行わないでください。

レボリューション 犬,フィラリア
レボリューション 15mg 子猫・子犬 [2.5kg以下]用の使用方法(投与方法)

レボリューション(Revolution)15mg(2.5kg以下)の投与方法としては月に1回、薬液の入っているプラスチック容器(ピペット)の開封後、対象動物の首筋(肩甲骨の間)の被毛をしっかりとかき分け、露出した皮膚に本剤を滴下します。
本剤の投与後2時間程時間をおく事でシャワーや水浴びが可能となります。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
レボリューション 犬,シャンプー
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬のカニンヘンダックスフントのフィラリア予防の為に購入しました。
カニンヘンはただでさえ小さいのにうちの子は特に極小サイズなので1歳になった今でも2.5kg程度です。
週末は必ずドックランや犬が泊まれるコテージに行っているので、この時期のフィラリア予防は欠かせない為、クリニックで購入するよりも安いこちらのサイトをいつも利用させてもらっています。
お陰様でフィラリアには一度も感染した事がありません。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
レボリューション 犬,使い方

このページは犬猫のペット用お薬のレボリューション 15mg 子猫・子犬 [2.5kg以下]用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。