商品名レナルジン 150ml (レナルガード)
商品名(EN)Renalzin150ml
内容量 1本150ml
商品コードUP05452
主成分 1 ml Renalzin contains: Composition: Kaolin, 200 mg Lantharenol, 2mg vitamin EIngredients: <0.4% Cru
メーカーバイエル(Bayer)
レナルジン 150ml (レナルガード)の症状について

犬のアジソン病とは別名副腎皮質機能低下症と呼ばれており、副腎皮質ホルモンの分泌が低下することによって引き起こされる病気です。
原因としては、副腎皮質ホルモンの投与治療を急激にやめることや、クッシング症候群の治療薬の過剰投与によって副腎を破壊してしまうことによって引き起こされます。

アジソン病を発症すると、体内では塩分が不足して血圧が低下する為、犬は衰弱していきますが低下した副腎ホルモンを補う薬を投与する治療を行うことで症状を改善することができます。
しかし1度アジソン病を発症してしまうと完治することはなく一生涯薬を投与する必要があります。

主な症状としては、元気がなくなる、食欲不振、嘔吐、下痢、体重減少、喉の渇き、多尿等の症状が見らえるようになります。これらの症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら症状が進行し、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。

又、アジソン病を発症しやすい犬種としては、コリー、スタンダートプードル、ミニチュアプードル、トイプードル等あげられています。

 

レナルガード,慢性腎不全
レナルジン 150ml (レナルガード)の作用と副作用効果

レナルジン(Renalzin)150mlはバイエル(Bayer)より製造販売されているアジンソン病の治療に用いられる腎機能保護作用のあるリン吸着剤です。
腎機能の低下によって引き起こされる血液中のリンの蓄積やそれによる血管の石灰化や骨の強度、密度の低下を妨げる効果があります。

本剤の有効成分は炭酸ランタンを含有しており、炭酸ランタンは食物を摂取した際に吸収されるリンと結びつくことで小腸からリンの吸収を妨げ、リンの血中濃度を正常値に保つ効果があります。
又、本剤は投与後胃酸による影響を受けにくく、副作用も殆ど見られないという特徴がある上に従来のリン吸着剤と比べより強いリン吸着率が認められています。

本剤における副作用については、殆ど見られないものの、有効成分の炭酸ランタンは極稀に腹痛や胃痛等がみられる事があるとされています。

レナルガード,使用方法
レナルジン 150ml (レナルガード)の使用方法(投与方法)

レナルジン(Renalzin)150mlの投与方法は、1日2プッシュから4プッシュ(2ml~4ml)を餌に混ぜて投与します。
投与のタイミングとしては餌を与える時間に応じ、投与量を分割する事が可能となっています。

本剤の使用開始量としては1日2プッシュからの使用を推薦しており、血清リン酸値基づいて投与量を増減し、投与後は新鮮な飲み水を与えてください。
又、本剤を投与する際には、使用前に獣医師へ受診し犬の血清リン酸値の検査等を事前に受ける事をお勧めします。

レナルガード,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

アジソン病の治療のために購入しました。
他のアジソン病治療薬は嫌がり飲んでくれないので、困り果てていましたが、レナルジンは気にならないようで、やっと投薬を行うことが可能になりました。
レナルジンを動物病院で購入すると値段が高くコストがかかってしまうのですが、こちらで購入するとコストを下げることができ、本当に助かっています。

 

レナルガード,用量