商品名リマダイルジェネリック 50mg
商品名(EN)CarprofenFlavoured50mg100tabs
内容量1本100錠
商品コードUP05298
主成分 Carprofen 50mg
メーカーApex Laboratories Pty Ltd


リマダイルジェネリック 50mgの症状について

犬の関節リウマチとは別名免疫介在性疾患とも呼ばる関節炎の一種です。
原因としては、自己免疫機能の異常により引き起こされていると考えられていますが、未だにわかっていないのが現状です。
関節リウマチの主な症状としては、四肢の末端の関節に症状が見られる事が殆どで、関節リウマチを発症すると、起床時や休息後に患部である関節に痛みやこわばり、腫れ等が発現します。

全身症状としては元気消失、歩行困難、食欲減退、散歩を嫌がる段差を避ける等の運動能力、発熱等が見られるようになります。
又、発症後、病状が進行し悪化してしまうと、関節が変形する事や骨が崩壊する事等の症状が発現し、痛みが強くなります。

好発犬種としては、若年齢から中年齢のシーズーやマルチーズ、トイプードルやダックスフント等の小型犬に多く見られ、発病が弱年齢である程症状が強く表れ関節が変形しやすいとされています。

リマダイルジェネリック,鎮痛剤
リマダイルジェネリック錠
リマダイルジェネリック 50mgの作用と副作用効果

リマダイルジェネリック50mgはApex Laboratories Pty Ltd社より販売さている犬用の関節炎鎮痛剤です。
又本剤はファイザーアニマルヘルス社より販売されているリマダイルのジェネリック医薬品です。
本剤の有効成分はカルプロフェンを含有しており、痛みや炎症の原因であるシクロオキシゲナーゼ2を阻害し、抗炎症作用、解熱作用、鎮静作用の効果があります。

又、シクロオキシゲナーゼ2とシクロオキシゲナーゼをバランスよく阻害する事ができる為、副作用が少なく安全性が高い薬とされています。
休薬期間が無い為長期間にわたって投与する事ができる特徴があり、関節異形成や関節炎、慢性炎症、軟組組織や形成外科手術後の痛みの緩和等の治療に幅広く使用されています。
又、本剤は犬用の関節炎鎮痛剤ですが、有効成分であるカルプロフェンは人用医薬品であるロキソニン等の解熱鎮痛剤と同グループのアリルプロピオン酸に分類される犬用の非ステロイド系消炎鎮痛剤となっています。
本剤の副作用としては、極稀に一過性の症性腸疾患や胃腸や腎臓への影響が見られる事があります。

本剤の注意事項としては、胃腸障害や肝臓障害、腎障害や血液障害等疾患を発症している犬への投与や老犬、妊娠期間中及び授乳期間中の犬にはできない為注意する必要があります。
又、本剤は犬用の節炎鎮痛剤である為、人には決して投与しないようにしてください。

リマダイルジェネリック,獣医
リマダイルジェネリック 50mgの使用方法(投与方法)

リマダイルジェネリック50mgの投与方法としては、1日1回あるいは2回に分けて、犬の体重1kgに対し、有効成分カルプロフェン4.4mgを基準量として経口投与します。
又、病状によって用法用量が異なる為、本剤の投与前には必ず獣医師の指示に従ってください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リマダイルジェネリック,愛犬
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬が2年前よりリウマチを患っており、痛みの酷い様子が見られる時に薬を飲ませています。
今まで薬に抵抗があり、飲ませていなかったのですが辛そうにしている愛犬を見ていると可哀そうになり薬にチャレンジしてみました。
すると、トイレに行く事も困難だった愛犬が自らトイレに行くようになったり、いつもよりも元気に過ごす様子が見られるようになり早く薬を飲ませてあげれば良かったと後悔しました。
今後も様子を見ながら薬を飲ませていこうと思います。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リマダイルジェネリック,治療

このページは犬猫のペット用お薬のリマダイルジェネリック 50mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。