商品名リマダイル100mg(Rimadyl)
商品名(EN)RimadylChewable100mg14Tablets
内容量 1本14チュアブル
商品コード UP05302
主成分 Carprofen 100mg
メーカー Pfizer Animal Health
リマダイル 100mgの症状について

犬の関節リウマチとは、自己免疫機能の異常により引き起こされると考えられている関節炎の一種の病気です。
別名免疫介在性疾患とも呼ばれており、自己免疫機能によるものと考えられているものの、未だ原因解明には至っていません。

好発犬種としてはミニチュアダックスフント、シーズ-、マルチーズ、シェルティ、プードル等の小型犬に多く見られるとされており、発病年齢が若年である程関節の変形が起こりやすく病状が悪化しやすい傾向にあります。
主な症状としては、主に四肢の末端の関節部分に症状が見られる事が殆どで、起床時や休息後に関節の痛みやこわばり、複数の関節に左右対称の腫れ、食欲減退、足を引きずる等の歩行困難、発熱などの症状が見られます。

 

犬,関節炎,薬
リマダイル 100mgの作用と副作用効果

リマダイル100mg(Rimadyl)はファイザー社より製造販売されている有効成分カルプロフェンを含有したアリルプロピオン酸分類犬用の非ステロイド系消炎鎮痛剤です。
有効成分であるカルプロフェンは炎症や痛みの原因であるシクロオキシゲナーゼ2という酵素の生合成を阻害する働きがある為、痛みや炎症の鎮静作用や解熱剤として効果があり、主に関節炎や関節異形成、慢性炎症等の治療に幅広く用いられています。

又、カルプロフェンはシクロオキシゲナーゼ2を選択的に働きかける作用がある為、胃腸や腎臓の機能を正常に保つ為に必要なシクロオキシゲナーゼという酵素に対して阻害する事が無く極めて安全性の高い薬となっています。
本剤の副作用としては、極稀に炎症性腸疾患等が報告されています。
注意事項としては、体重2kg未満の犬、生後6週齢未満の犬、妊娠期間中及び授乳期間中の犬には投与出来ない為注意が必要です。

リマダイル,価格
リマダイル 100mgの使用方法(投与方法)

リマダイル100mg(Rimadyl)の投与方法については、犬の体重1kgに対して有効成分カルプロフェン4.4mgを基準量として、1日に1回もしくは2回に分けて経口投与します。

リマダイル,25mg
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬は10歳を過ぎたあたりから、散歩や運動を嫌がるようになり部屋の隅で寝ている事が増えており心配していました。そしてここ最近では遂に足を引きずるようになってきたのでもしかして足が痛いのかなと思い今回リマダイルを購入しました。

リマダイルを飲ませるのは初めてでしたので不安もありましたが、薬を飲ませたらなんと歩くときに足を引きずらなくなりました。
散歩も以前よりも楽しみにしている様子も見受けられ、こんなに効果があるのであればもっと早い段階で飲ませてあげればよかったと後悔しました。これからも痛みがひどいようであれば飲ませてあげようと思います。

 

リマダイル,関節病