商品名 リクセン(Lixen)600mg
商品名(EN) Lixen600mg
内容量 1箱7錠
商品コード UP02659
主成分 Cephalexin 600mg
メーカー Virbac
リクセン,抗生物質,副作用


・リクセン(Lixen)600mgの症状について

<感染症>
ウィルスが体内に入り、異変が起こる事(インフルエンザも感染症になります)
ウィルス以外にも、細菌やカビ・微生物などがあり、異常に繁殖する事で、感染症になってしまいます。

<膿皮症>
細菌感染性皮膚症。
免疫力の低下や皮膚の抵抗力が弱くなると起こりやすい病気です。
擦り傷・噛み傷からの感染・シャンプーを過剰にしてしまう事でもなります。

<膀胱炎>
尿道の長さがある雄は、感染する事が少なく、主に雌が感染します。
尿の色の変化・悪臭・濁りなど、日ごろのチェックで気づける病気です。

<腎炎>
ウイルス感染により、免疫作用に異常が出る病気です。
急性腎炎は、急性糸球体腎炎とも言われます。
膀胱炎の悪化によりなる事もあり、症状が悪化すると、尿毒症など、多臓器に異常が出る事があります。
急性腎炎は、繰り返す事で慢性化してしまう恐れもある病気です。

リクセン,抗生物質,量
リクセン,抗生物質,猫
・リクセン(Lixen)600mgの作用と副作用効果

リクセン(錠剤タイプ・犬・猫の好む味が付いています)
有効成分;セファレキシン
セファレキシンは、感染症の治療に使われているお薬で、細菌の細胞壁を破壊して死滅させます。
人体の細胞には作用しないと言われているので、抗生物質アレルギー以外には、副作用がないと言われている、安心なセフェム系抗生物資が成分です。

*セファロンポリン系・ペニシリン系にアレルギーがある場合は、使用できません。
(又ウサギ・ハムスター・モルモットなどへも使用できません)

*体重1kgに満たない犬・猫には使用できません。

リクセン,抗生物質,単位
・リクセン(Lixen)600mgの使用方法(投与方法)

1日2回の場合
容量:1kg(体重)に対して15mg
1日1回の場合
容量:1kg(体重)に対して30mg

投与期間
猫の皮膚炎・皮下組織感染症:5日間
犬の表在皮膚炎:15日間
犬の深在皮膚炎:28日間
犬猫 尿路感染:14日間

*体重の変化がある場合は、その都度体重を確認し、適量を投与下さい。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リクセン,抗生物質,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛用していたシャンプーが、近所で買えなくなったので、違うものを使用した所かゆがるようになり購入しました。まだ投与したばかりですが、少しひいてきた気がします。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
リクセン,抗生物質,飲まない

このページは犬猫のペット用お薬のリクセン(Lixen)600mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。