商品名ラシックス40mg(Lasix40mg)
商品名(EN) Lasix40mg12Tabs
内容量 1箱12錠
商品コード UP04062
主成分 Furosemide 40mg
メーカー サノフィ・アベンティス(Sanofi Aventis)
猫,利尿剤,副作用


・ラシックス40mg(Lasix40mg)の症状について

愛犬と長く一緒に暮らす為にも、日々の観察や定期検診が、心臓病の早期発見につながります。
主な症状:数年間は症状がありません。病気の進行によって症状が現れてきます。
お散歩を嫌がる・咳が出る・お腹に水がたまる膨れる・失神(倒れる)・食欲不振

検査:聴診検査 雑音などがあった場合、心電図やエコー・レントゲン検査を行います。
心臓病になりやすい子:高齢・小型犬(マルチーズ・トイプードル・ポメラニアン・ヨークシャテリアなど)
原因;僧房弁閉鎖不全症の原因は、解明されておりません。

心臓病の多くが「僧房弁閉鎖不全症」である事が多いのですが、僧房弁逆流・心臓弁膜症と呼ばれる事もあります。心臓にある僧房弁と言う名前の便が、通常は逆流しないよう、心臓が血液を送り出す時は閉じるのですが、閉じなくなってしまうのが僧房弁閉鎖不全症と言う病気になります。

逆流する事で、全身に送る血液が足りなくなり、心臓は今まで以上に血液を増やそうと頑張りますがそれは心臓に負担を強いる事になり、心臓病の悪化になります。
心臓が弱ると、多臓器への影響も出ます。

心臓病の子が、多臓器への影響で、亡くなってしまう事が多いのが「腎臓」です。
血液が流れてこない事で、腎臓は老廃物を尿として排出する事が出来なくなってしまいます。
老廃物=毒素ですので、これらを排出できない事は、命の危険に繋がってしまうのです。

又、血液の中の水分が肺に溜まった状態を「肺水腫」と呼びますが心臓が、血液を送れなくなると、肺水腫になってしまいます。肺以外のお腹や胸にたまってしまう事もあります。

症状が悪化するのは、夜から朝にかけた時間帯や興奮時に見受けられます。
明らかな症状が出ている場合は、既に病気が進行している可能性がありますので、検査を受けて下さい。

猫,利尿剤,量
猫,利尿剤,単位
・ラシックス40mg(Lasix40mg)の作用と副作用効果

ラシックス40mgは、ループ利尿薬と言われるフロセミドが有効成分の利尿薬になります。

利尿薬:尿の量を増やすお薬
血液の中に一番多い成分は水分になりますので、血液の量を減らすために、水分を尿として排出させるよう利尿薬を使用する事があります。
浮腫みなどは、血液がどこかの部分で滞ってしまい、水分が溜まってしまう事を言います。
その際も、利尿薬で水分を排出して改善を促します。

人間用に開発されたものなので、生理前の浮腫み取に飲まれる方もいますが、アメリカの食品医薬品(FDA)に、犬への効果も認められたことにより、犬の肺水腫などの治療にも使われるようになりました。

ラシックスの利尿作用は強い為、必要以上に尿を排出してしまう事により脱水症状などが起きてしまう危険がありますので、投与量は、獣医の指示にしたがって使用ください。

猫,利尿剤,楽天
・ラシックス40mg(Lasix40mg)の使用方法(投与方法)

犬;1日~4回 体重1kgに対して~6mg
猫:1日~3回 体重1kgに対して~4mg
6~8時間以上間をあけて投与下さい。

あくまでアメリカの食品医薬品(FDA)が推奨する投与量ですので、実際の使用は、獣医の診断の元ご使用ください。

*日の当たらない場所で保管下さい。
*無尿症・妊娠中の犬・猫への使用はできません。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
猫,利尿剤,飲まない
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

うちは大型犬なのですが、腹水がたまってしまい常用しております。投与する事で、ふくらんだお腹がスッキリするので、重宝しています。我が家では欠かせないお薬なので、まとめ買いさせて頂きました。
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
猫,利尿剤,格安

このページは犬猫のペット用お薬のラシックス40mg(Lasix40mg)の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。