商品名ラシックス(Lasix)40mg
商品名(EN) Lasix40mg
内容量 1本500錠
商品コードUP00911
主成分 Furosemide 40mg
メーカー サノフィ・アベンティス(Sanofi Aventis)
ラシックス,利尿剤,副作用


・ラシックス(Lasix)40mgの症状について

<心臓病>
6歳くらいから心臓病になる確率が上がってきますが、大型犬よりも小型犬に見受けられる事が多い病気です。
症状:お散歩を嫌がる・咳が出る・食欲減少など高齢だからと見逃さない事が大切です。進行してしまうと、合併症など、命の危険もあります。

<増帽弁閉鎖不全症>
高齢の小型犬が心臓病になる中で、もっとも多い心臓病です。
症状;咳・疲れやすい・動きたがらない
早い子で、5歳過ぎから症状がでる事があります。

<肺水腫>
心臓病や肺炎などが原因で発症する病気です。
症状:呼吸困難・がに股(呼吸を楽にしようと、がに股になります)
症状が悪化すると、舌の色が変わって、チアノーゼの症状が出たり、鼻水が泡状になったりします。

心臓病や肺水腫になると、肺に溜まったお水を血管に戻して、おしっことして出させる治療をします。
又、呼吸をしやすくするよう、肺に酸素を取り込みやすくするなどの治療を同時に行う場合もあります。

心臓病を発症しやすい小型犬
ミニチュアダックスフンド・トイプードル・キャバリア・シーズー・ポメラニアン など。

聴診で検査できますので、愛犬の健康の為にも、定期的な健診や早期発見が大切ですね

ラシックス,利尿剤,量
ラシックス,利尿剤,猫
・ラシックス(Lasix)40mgの作用と副作用効果

ラシックス40mgは、サノフィ・アベンティス社から発売されている、フロセミドを含んだ利尿剤です。
人間用に開発されたお薬ですが、アメリカの食品医薬品局(FDA)に、わんちゃんに対する効果・効能を認められ
肺水腫・浮腫の治療に使用が承認されたようです。
強い利尿作用で、肺にたまった水分の排出を促し、心臓・肝臓・腎臓病による浮腫に効果があると言われています。

利尿作用により、過度の水分排出があると、脱水症状や、体内の電解質のバランスを崩してしまう事もあるので、
適切な量の投与が必須となりますので、ご使用の際は、獣医の処方及び指導が必要となりますので、ご注意下さい。

ラシックス,利尿剤,単位
・ラシックス(Lasix)40mgの使用方法(投与方法)

<犬の場合>
体重1kgに対し、2.5~5mg   1日1回~4回(6~8時間あけて投与下さい)
<猫の場合>
体重1kgに対し、1~4mg    1日1回~3回(6~8時間あけて投与下さい)

*上記アメリカの食品医薬品局により推奨されている投与量になりますが、実際のご使用には、獣医の指示に添った、愛犬の症状に合わせた適量をご使用ください。

無尿症・妊娠・授乳中の犬・猫には、ご使用できません。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ラシックス,利尿剤,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

動物病院で購入していましたが、経済面の負担が厳しくなり、こちらで注文しました。
歩くのが辛そうだったのですが、お腹がだいぶ引っ込み、室内で歩き回れるようになりました。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ラシックス,利尿剤,飲まない

このページは犬猫のペット用お薬のラシックス(Lasix)40mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。