商品名ラシックスジェネリック(Lasix.Furosemide)40mg
商品名(EN)Furetic40mg
内容量 1本100錠
商品コード UP00909
主成分 Furosemide 40mg
メーカー Siam Bheasach
犬,利尿剤,副作用


・ラシックスジェネリック(Lasix.Furosemide)40mgの症状について

<犬の心臓病>
小型犬人気が高い昨今なので、老犬と小型犬が心臓病になりやすいと言われますが小型犬を飼われている方の全体を占める割合が大きい事もあったり、一般的に、マルチーズ・ヨークシャテリア・チワワ・トイプードルなどがあげられますが、大型犬や、かかりやすいと言われる犬種以外は心臓病にならないと言う訳ではありません。

犬が心臓病にかかる大半が、僧帽弁閉鎖不全になりますが、僧帽弁逆流や心臓弁膜症も同じ病気だと思って下さい。心臓にある弁(僧房弁)が閉じる事ができなくなり、血が逆流してしまう病気になります。

心臓病の進行によって症状が現れるので、数年は無症状です。
定期健診を受けていないと、気づかず進行してしまいますので、定期的な健診は大切です。

主な症状;咳・疲れやすい・呼吸が乱れる・お腹の膨らみ・失神(興奮時に症状が出る事が多く、興奮時は症状が酷くなる事が少なくありません)僧帽弁が閉じなくなり、血が逆流してしまう事で、全身に送る血液が足りなくなり心臓は、一生懸命働き血液を送りますが、無理がたたって、血液を作れなくなってしまうと心不全になります。

逆流した血液中の水分が肺に溢れてしまい肺水腫になってしまう事もあります。
早期発見の為に:年1回の健康診断・毎日様子の確認がポイントになります。

検査:聴診が主になります。雑音など異常が見られた場合、心電図・エコー・レントゲン検査を行います。
僧帽弁が閉じなくなってしまう原因は、未だ解明されておりません。

犬,利尿剤,量
犬,利尿剤,猫
・ラシックスジェネリック(Lasix.Furosemide)40mgの作用と副作用効果

ラシックスジェネリックは、ヘレンループと呼ばれる、腎臓付近で作用する利尿剤になります。
有効成分のフロセミドは、人間用の利尿剤として開発されたお薬なのですが、犬に対する効果が、アメリカの食品医薬品(FDA)で認められた事で、犬の肺水腫や浮腫の治療役として、動物病院で使用されるようになったようです。
腎臓で作られる尿の量を増やす事で、体の中の不要な水分やナトリウムを促します。
利尿効果が高い為、脱水症状や電解質のバランスが壊れてしまう可能性がありますので、ご使用の際には、獣医の指示にしたがって使用ください。

*無尿症・妊娠中・授乳中の犬・猫への使用はお控えください。

犬,利尿剤,単位
・ラシックスジェネリック(Lasix.Furosemide)40mgの使用方法(投与方法)

体重1kgに対して、2.5kg~5mgを1日1~2回 6時間以上の間隔をあけて使用ください。

上記数値は、アメリカの食品医薬品(FDA)が推奨する、犬への適用量ですが、実際の使用は、獣医の診断に従い、適量の投与をお願いします。

利尿剤は、症状の改善が見られた時点で、使用をやめるか獣医の指示の元、量を減らしながら維持療法に変更していきます。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
犬,利尿剤,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

長く使用する事になるお薬なので、お安く購入できて助かりました。人間も使用できると言う事で、私も少し飲んでみようかと思っています(むくみが酷いので)
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
犬,利尿剤,飲まない

このページは犬猫のペット用お薬のラシックスジェネリック(Lasix.Furosemide)40mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。