商品名ラクサペットジェル
商品名(EN)LaxapetGel
内容量1本100g
商品コードUP02341
主成分 Paraffin 400mg/g
メーカーTroy Laboratories


ラクサペットジェルの症状について

犬の便秘とは、腸内に便が溜まり、排出する事が困難な状態を言います。
犬の排便回数については食事の量や回数、運動量によって日によって変動する為、24時間排便が無い事もあります。
しかし、最終排便から48時間を経過しても排便が見られない場合は明らかに異常であり便秘が疑われます。

犬の便秘の原因としては、水分摂取不足等により便が通常よりも硬い場合や肛門周辺の傷や脱肛等により排便時に痛みがある場合、ストレス、蠕動運動の機能低下等が挙げられます。

犬の便秘の症状としては、排便は見られるものの便が硬くコロコロしている、排便は見られるものの細長く排便時に必要以上に力む様子が見られる、左下腹部を触るとゴツゴツしている、食欲不振、嘔吐、トイレの回数が増え排便をしようとするが出ない等の症状が見られます。

ラクサペットジェル,下剤
ラクサペットジェル,毛玉予防
ラクサペットジェルの作用と副作用効果

Laxapetgel100gはTroy Laboratories社より販売されている、有効成分流動パラフィン含有の犬猫兼用緩下基剤です。
又、本剤は犬猫が好むキャラメル風味となっており、薬が苦手な犬猫にも簡単に投与する事ができます。

本剤の有効成分である流動パラフィンは石油原油より高度に精製された純粋な炭化水素であり、便の滑りを緩やかに促進し便秘を解消する効果がある為、軽度の便秘や毛球症の予防改善の治療に用いられます。
又、流動パラフィンは無毒性であるうえに投与後体内に吸収されずに便と一緒に体外へ排出される為、対象動物への負担が少なく安全性が高い成分とされています。

本剤の副作用については、本剤を長期的に対象動物へ投与した場合、ビタミン欠乏を誘発する恐れがある為、本剤を投与させる場合は予防としてビタミン剤を投与する事をお勧めします。
本剤の注意事項については、高齢、衰弱、妊娠期間中及び授乳期間中等の体力や免疫力が著しく低下している犬猫へ投与する場合は慎重に投与する必要があります。

ラクサペットジェル,便秘
ラクサペットジェルの使用方法(投与方法)

Laxapetgel100gの投与方法については、対象動物の症状に合わせて用法用量を守り経口投与もしくは鼻から投与します。
対象動物の症状に対する本剤の投与基準量については下記の通りです。
又、本剤の5gの目安として糸状約10㎝程度です。

猫の毛球除去として本剤を投与する場合については、1日1回、本剤5gを2日から3日投与します。
その後の投与量については、本剤の投与量を2.5gに減らし1週間に2回から3回投与します。
猫の軽度の便秘に対し下剤として本剤を投与する場合については、1週間に2回から3回、本剤2.5gを投与します。

小型犬の軽度の便秘に対し下剤として本剤を投与する場合については、1週間に2回から3回、本剤15gを投与します。

大型犬の軽度の便秘に対し下剤として本剤を投与する場合については、1週間に2回から3回、本剤30gを投与します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ラクサペットジェル,毛玉症
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

最近愛犬がうんちをする時に苦しそうに鳴きながら一生懸命うんちをするのですが、出てくるうんちはいつも決まってうさぎの硬いコロコロうんちでした。
軽い便秘だと思い最初はあまり気にしていなかったのですが、あまりに辛そうなので試しにラクサペットジェルを購入してみました。
うちの愛犬は薬が大の苦手なのですが、キャラメル味が美味しいようで喜んで食べてくれます。
お陰様で薬を飲ませたその日のうちにうんちの硬さが元に戻り愛犬もやっと苦しみから解放されたようです。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ラクサペットジェル,毛玉がたまってしまう

このページは犬猫のペット用お薬のラクサペットジェルの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。