商品名マラセブシャンプー 500ml
商品名(EN)MalasebMedShampoo500ml
内容量1本500ml
商品コードUP02897
主成分2% Chlorhexidine Gluconate,2% Miconazole Nitrate
メーカーDerm care

 

マラセブシャンプー 500mlの症状について

膿皮症は犬の皮膚病では代表的な病気です。
犬や猫の皮膚には、普段からマラセチアと言う真菌が住んでいます。常在菌と言って犬が健康な時には何の問題も起こしませんが体調を崩したりして免疫力が低下したり、なんらかの理由で皮膚から分泌される脂分が多くなりすぎたりするとマラセチアが異常繁殖し、膿皮症という皮膚病を発症します。

赤みのある発疹が身体のあちこちに出来てきたらこの病気の疑いがあります。

感染するスピードがとても早いのが特徴で、身体のどこか1か所で症状が出たと思ったのもつかの間、あっという間に身体全体に広がることがあります。お腹や脇の下、脚の付け根、肛門の周りなど皮膚の柔らかく、湿っぽくなりやすい所に出来やすいです。

赤みのある発疹だけでなくひどくなると発疹からジュクジュクとした膿がでてくるようになり、周りの皮膚の毛が抜け、ポロポロとフケのようなものが出てきます。

発疹は強い痒みを伴うため、犬自身が患部をひどく掻き毟ってしまい症状が悪化することがあります。
肝臓など他の病気が原因で膿皮症を起こす場合は肉球の間が腫れたり膿んだりすることもあるようです。

一度かかってしまうと完治するまで時間のかかる病気で、油断するとまた症状がひどくなってしまうので根気よく治療していってください。

マラセブシャンプー最安値

 

マラセブシャンプー,頻度
マラセブシャンプー 500mlの作用と副作用効果

マラセブシャンプーは犬や猫だけでなく馬などの皮膚炎の治療にも使われるシャンプーです。
抗菌成分が含まれており、真菌性の皮膚炎に効果があると言われています。

主な有効成分のミコナゾール硝酸塩が膿皮症の原因となるマラセチアの繁殖を抑え、症状を改善してくれると言われています。

また、もう一つの成分のクロルヘキシジングルコン酸塩は同じように異常繁殖すると皮膚炎を引き起こすブドウ球菌を減らしてくれると言われています。

皮脂を洗い流し、膿皮症で分泌される余分な皮脂を取り除き皮膚を清潔な状態にしてくれます。

マラセブシャンプー,ランキング
マラセブシャンプー 500mlの使用方法(投与方法)

ぬるま湯か水で毛の奥までしっかり濡らしてあげてください。お湯の温度が高いと痒みを強く感じさせてしまうので32度~35度くらいのぬるいお湯が良いです。

まずシャンプーを手に取り、よく泡立ててから症状がひどい部分を優しく洗ってあげます。

強く洗ってしまうと皮膚の表面をを傷つけ、細菌が皮膚の中に入ってしまう恐れがあるので必ず優しく洗って下さい。

身体全体にシャンプーの泡がついた状態で10分待ちます。この時、犬が泡を舐める、吸い込むなどしないように注意してあげてください。

10分経ったら、やはりぬるま湯でしっかりシャンプーを洗い流してください。この時も強くこすったりすることは厳禁です。

その後、タオルで拭いてしっかり乾かます。強く擦ると患部を痛めてしまうので擦らないよう優しく拭いてあげてください。ドライヤーは使わない方が良いですが、どうしても使う場合は熱風は使用しないようにします。熱い風が痒みを強くさせてしまいます。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
マラセブシャンプー,嫌がる
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

我が家のダックスが夏前から皮膚病になってしまいました。動物病院のシャンプーでは全然良くなりませんでした。動物病院のシャンプーが駄目だったので薬湯まで使ってみたのですが
このシャンプーを使い出したら3回ほどできれいになってきました。もう少し続けてみたいと思います。

 

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
マラセブシャンプー,おすすめ

このページは犬猫のペット用お薬のマラセブシャンプー 500mlの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。