商品名マラセブシャンプージェネリック
商品名(EN)BactrofreeShampoo
内容量1本200ml
商品コードUP03058
主成分Miconazole Nitrate 2% , Chlorhexidine Gluconate 2%
メーカーシプラ(Cipla)

 

マラセブシャンプージェネリックの症状について

犬の皮膚には「マラセチア」と言う常在菌がいます。普段は特に悪さはしないのですが何かの原因で皮脂の分泌が増えたり、アトピーや皮膚炎などで免疫力が落ちたりすると皮膚でマラセチアが異常繁殖し、皮膚が赤くなり脂っこいフケが出てきたり、強いかゆみが出たりします。

症状が悪化してくると色素沈着が起きて皮膚が黒っぽくなってしまったり、毛が抜けてしまう、皮膚の表面にコケ状のものが生えてきてしまったりします。

シーズーが特に発症しやすいと言われています。
マラセチアによる皮膚の炎症が悪化する前に増えすぎたマラセチアを除去することでさらなる悪化を防ぐことが大切となります。

マラセブジェネリック

 

マラセブシャンプー使い方
マラセブシャンプージェネリックの作用と副作用効果

シャンプーに含まれるミコナゾール硝酸塩・クロルヘキシジングルコン酸塩によりスタフィロコッカス菌、マラセチア菌を殺菌し、過剰に分泌された皮脂や汚れを洗い流します。

皮膚を清潔にし、快適に保ちます。

マラセブシャンプー副作用
マラセブシャンプージェネリックの使用方法(投与方法)

被毛を水・ぬるま湯でしっかりと濡らしてください。低い温度のお湯がよいですが、痒みが強い時などは犬が我慢できる程度の温度にしてあげてください。毛の長い犬・毛の密度の濃い犬ではしっかりと時間をかけて濡らしてください。

シャンプーを手に取り、症状の重い部分を中心に泡だてながら優しく馴染ませます。マラセチアが繁殖しやすい脚の付け根、わきの下、お腹、下あごなど順を追って全身を洗って下さい。全身を洗うのが難しい時は菌の繁殖しやすい部位だけを洗っても効果があります。

シャンプーのあわを残したまま10分置きます。犬が泡をなめないように注意してください。
10分経ったら水、ぬるま湯で5~10分かけてしっかり、丁寧に洗い流してください。

タオルで優しく水分を拭き取って乾燥させます。
1日1回、3日以上間隔をあけて使用してください。

副作用は特に報告されていませんがクロルヘキシジン製剤・ミコナゾール製剤への過敏症を起こしたことがある場合には使用しないでください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
犬マラセブシャンプー
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬のフケがひどく、ハーブを添加したシャンプーなどを使っていましたがあまり効果が無くて困っていました。皮脂性皮膚炎の症状もあったのでこのシャンプーを使ってみたのですが使用後、毛はサラサラになりフケも減ったように見えます。しばらく使ってみたいと思います。

 

 

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
マラセブシャンプー効果

このページは犬猫のペット用お薬のマラセブシャンプージェネリックの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。