商品名ペルマイトクリーム(PermiteCream)5%
商品名(EN)PermiteCream5%
内容量1本30g
商品コードUP00768
主成分Permethrin 5%
メーカーGalderma


ペルマイトクリーム(PermiteCream)5%の症状について

犬の疥癬とは、イヌセンコウヒゼンダニが皮膚に寄生する事により皮膚に炎症が引き起こされる皮膚疾患です。
ダニは一年を通して活動しており、犬種や犬の年齢に関係なく寄生して皮膚の角質層に喰い破り穴をあけながらそこで約3週間もの期間産卵し続けます。

ダニが生息している期間中には、皮膚が破壊される事や、ダニの糞やダニの唾液等により犬の皮膚を刺激し続ける為、犬の体内では外部より侵入してくる異物を排除する為に免疫機能が活発に働き始め、この際に異物のみならず体内にある周囲の神経も一緒に刺激してしまう事によって、強い痒みが引き起こされます。

主な症状としては、フケや発疹、かさぶた等が皮膚上に現れる事や、強い痒みにより犬が身体を噛む事や掻きむしる等の行動が見られるようになります。

ペルマイトクリーム,値段
ペルマイトクリーム,犬用,スキンクリーム
ペルマイトクリーム(PermiteCream)5%の作用と副作用効果

ペルマイトクリーム(PermiteCream)5%はGalderma社製による殺虫成分であるペルメトリン5%を含有する皮膚用のクリームで、同社より販売されているエリマイトクリームのジェネリック薬品です。

有効成分であるPermethrinは犬や人体に対しての毒性が極めて低くいとされており、昆虫やダニ等の害虫に対して防虫・駆除の効果が認められている為、衛生害虫駆除や防虫、動物薬やノミ取り首輪等の用途に広く用いられている成分です。

本剤は主にヒゼンダニ感染症や疥癬による皮膚疾患の治療薬として使用されていますが、ノミやマダニ、シラミ等の寄生虫に対しても効果が認められています。
本剤の適正年齢としては、生後2カ月齢以上の犬に使用する事ができますが、妊娠・授乳期の犬への使用は避けてください。

又、本剤は犬専用の薬である為、犬以外の動物への使用は避けてください。
特に猫に関しては、本剤の有効成分であるペルメトリンとの相性が合わない為、注意が必要です。

副作用としては、本剤を塗布後に湿疹や下痢、嘔吐等の症状が極稀に見られる事が報告されている為、本剤の塗布後は愛犬の様子観察を行い異常が認められた場合には速やかに獣医師へ受診してください。

ペルマイトクリーム,使用方法
ペルマイトクリーム(PermiteCream)5%の使用方法(投与方法)

本剤は、1日1回の塗布により約98%もの殺虫効果が期待されます。
又、本剤は患部のみだけでなく首より下の全身にまんべんなく塗布してください。
その為、本剤を使用する前には入浴を行い被毛や皮膚を充分に清潔にしてから塗布します。

本剤は優秀な効果の高さを誇る為、通常1度の塗布で効果が期待されますが、効果が認められなかった場合には1週間後に再度塗布してください。
又、塗布後はおおよそ8時間から12時間ほど時間を置き、その後再度入浴を行い本剤をキレイに洗い流します。

洗い流した後は、本剤が付着している衣類や寝具などを取り換え再び薬が身体に付着しないように注意する必要があります。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ペルマイトクリーム,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬がダニに寄生されてしまい、あっという間に皮膚にアレルギー反応が見られるようになりました。
直ぐに良くなると思っていたのですが、一向に良くならず、本来であれば動物病院についれていくのが一番かと思いますが、仕事の休みがとれない状況ですので思い切って購入してみました。

薬を塗ってからはみるみるうちに症状が改善され、今ではなんともないようですので安心しました。気になっていた副作用も見られなかったです。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ペルマイトクリーム,エリマイトクリーム

このページは犬猫のペット用お薬のペルマイトクリーム(PermiteCream)5%の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。