商品名 ベネース(Benace)5mg
商品名(EN) Benace5mg
内容量 1箱30錠
商品コード UP02615
主成分 Benazepril 5mg
メーカー ノバルティス(Novartis)
・ベネース(Benace)5mg 「塩酸ベナザプリル」の症状について

ベネース(Benace)5mgは塩酸ベナザプリルを有効成分とするノバルティス社製の心疾患・腎疾患用のお薬です。
この商品は本来は人間の高血圧の治療薬としてよく使われていますが、ペットにも効果がある場合があります。
犬の僧帽弁閉鎖症(僧帽弁逆流症)や猫の慢性腎不全や心筋肥大症(肥大型心筋症)の病気の治療に力を発揮します。

僧帽弁閉鎖症とは心臓の僧帽弁という部分が上手く閉じない状態になることです。
その結果心臓での血液の流れが一方通行ではなくなり、左心室から左心房へという本来ならありえない血液の流れが発生してしまいます。
そうなると全身をめぐる血液の量が減ってしまい、それをカバーするために心臓が多く動くことになります。

心臓は長い期間頑張れるのでしばらくこの病気に気づかないのですが、やがて心臓の力が弱ってしまい、心臓が血液を送れなくなってしまう心不全という病気となって体のあちこちに深刻な障害が発生していきます。
猫の慢性腎不全は、歳を重ねた猫に多くみられる病気です。気づいた時には腎臓のほとんどの機能が失われてしまうために、治すことができないため早期発見・早期治療が極めて重要です。

また、心筋肥大症は心臓の筋肉がどんどん厚くなっていき、心臓の機能に障害をもたらす病気で、病気が進行するにつれて元気がなくなって食欲がなくなり、さらに進行すると呼吸困難などに陥ってしまいます。

 

ベネース,心筋症,猫
・ベネース(Benace)5mg 「塩酸ベナザプリル」の作用と副作用効果

ベネース(Benace)5mgは人体薬ですが、動物用の医薬品としても使用できます。
使用については獣医師の処方と指示が必要になります。
発疹などアレルギーを持つペットに対しては投薬を控えてください。

またほかの薬と相互に作用する場合があるので、他の薬を同時に投与するときは獣医師に相談してください。
副作用としては咳や吐き気、めまいなどを起こす可能性があります。

ベネース,心筋症,単位
・ベネース(Benace)5mg 「塩酸ベナザプリル」の使用方法(投与方法)

難しくはなく説明書の通りに指導に基づいて投薬してください。
使用後には体調を観察して何か問題があれば使用を一旦ご利用を控えてください。

ベネース,心筋症,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

前まで使っていた薬と成分は同じですが安いのでこの薬を使っています。
6歳のチワワを飼っていますがこの薬のお陰でだいぶ体調が良くなってきています。手放せません。
うちの15歳の犬に使っています。とても安価で助かります。

 

ベネース,心筋症,飲まない