商品名ドロンタールプラス犬用
商品名(EN)Drontal Plus
内容量1箱104錠
商品コードUP01081
主成分プラジクアンテル50mg/パモ酸ピランテル144mg/フェバンテル150mg
メーカーバイエル(Bayer)
ドロンタールプラス犬用の症状について

ドロンタールプラス(DrontalPlus)は、プラジクアンテル・パモ酸ピランテル・フェバンテルを有効成分とするバイエル社の薬です。犬に寄生する回虫や鉤虫、鞭虫、瓜実条虫などを駆除するためのおくすりです。回虫は土などに潜む寄生虫で、回虫の卵を飲み込んでしまうことで感染します。

下痢や、嘔吐、お腹の膨満や腹痛、貧血などを引き起こします。多数の回虫に寄生されると腸閉塞や麻痺などの神経症状があらわれる事があります。鉤虫は鉤のような小さな歯で腸に食いつき、血液を吸う寄生虫です。

貧血や下痢、食欲不振などの症状を引き起こし、重症の場合は死亡することもあります。鞭虫は盲腸や結腸に主に寄生する虫で、食欲不振や貧血、下痢の原因となります。条虫はノミなどから経口感染する場合が多い寄生虫です。

感染しても症状が出ない場合が多いですが、多数に寄生された場合は下痢や食欲不振、体重の現象などがあらわれる場合があります。

 

ドロンタールプラスジアルジア
ドロンタールプラス犬用の作用と副作用効果

ドロンタールプラス(DrontalPlus)は、犬に寄生する回虫や鉤虫、鞭虫、瓜実条虫などを駆除するためのおくすりです。どうしても食べない場合には餌と混ぜて投与してください。薬の効果を確認するために、投与してから2週間ほど経過したら病院で検査を行ってください。

他の薬を上げている場合は投与について獣医師と相談してください。ほとんどの場合において副作用は確認されませんが、まれに嘔吐などをすることがあります。その際は獣医師に相談してください。

ドロンタールプラス犬
ドロンタールプラス犬用の使用方法(投与方法)

一ヶ月から三ヶ月に一度投与してください。ペットの体重を確認して、以下の用量で投薬してください。錠剤の調整にはピルカッターを使用していただくと簡単に調節できます。

0.5㎏以上で2.5㎏未満の場合4/1錠。2.6kg以上で5.0kg未満の場合1/2錠。5.1kg以上で10.0kg未満の場合1錠。10.1kg以上で20.0kg未満の場合は2錠。20.1kg以上で30.0kg未満の場合は3錠。30.1kg以上で40.0kg未満の場合は4錠。妊娠しているペットには投与を控えてください。

ドロンタールプラス錠
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

いつのまにかうちのワンコが鞭虫を拾ってきてしまいました。毎月この薬を使って虫退治しています。
猫が多いような場所を散歩のコースにしていたためか気づいたら寄生虫に感染していました。
この薬を投与してみたところ一発で完治です!!
定期的に必要になる薬です。いつも愛用しています。

 

ドロンタールプラス,用量