商品名ドロンタールプラス(Drontal Plus) 犬用
商品名(EN)DrontalPlus インサイド、プラジケア、ドンファンテル、ドロンタール
内容量 1箱20錠
商品コード UP01281
主成分50mg Praziquantel, 144mg Pyrantel embonate, 150mg Febantel
メーカー バイエル(Bayer)

ドロンタールプラス(Drontal Plus) 犬用の症状について

散歩の途中などに拾い食いをしてしまったり、公園や庭先で遊んでいて口の中に砂や土が入ってしまった場合に寄生虫や寄生虫の卵などを飲み込んでしまう場合もあり、気がつかないうちに寄生虫に感染してしまう場合があります。

寄生虫を飲み込んでしまうと、お腹の中に住み着いてしまい、犬の健康を害する病気をもたらしてしまいます。

症状としては、下痢ぎみになったり、痛がったり、さらには貧血も引き起こしてしまう場合があるので、犬にとってつらい症状が出始めてきますが、寄生虫の数が多ければ多いほど更に深刻な状態になり、腸が詰まってしまったり、神経が麻痺してしまうなど命の危険も危うくなってしまいます。

犬の症状が普段と違うようでしたら、一度病院で診察してもらうとともに、寄生虫による感染症と診断されてしまいましたら、治療が必要になってきます。
ドロンタールプラスも犬の寄生虫の感染や、寄生虫の幼虫などに効果が見込まれ、寄生虫を駆除して体の中から排出してくれる効果が見込まれています。

 

個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
ドロンタールプラス(Drontal Plus) 犬用の作用と副作用効果

犬の体内に入り込んでしまった寄生虫などの駆除に効果が見込まれる薬品です。
寄生虫の幼虫にも効果が見込まれていますので、幅広くご使用頂ける事と思います。

激安,最安値,処方,販売
ドロンタールプラス(Drontal Plus) 犬用の使用方法(投与方法)

犬の体重ごとに与える量が決まっていますので、説明書をよくお読みの上、適量を与えるようにして下さい。
寄生虫が便から排出されても、卵などが残っていて孵化する可能性もありますので、1度薬を与えても1~3ヶ月の間隔で再度与えるようにして下さい。

かかりつけの獣医師などの診断の上、決められた量を使用する事により薬の効果が見込まれますので、使用する際には必ず守るようにお願いいたします。

価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

ドロンタールプラスはペットの病院で処方される薬と同じ効果があるらしいので、それならば安心かなと思いました。
寄生虫はとても怖い病気なので、安心・安全な薬を使ってあげたいなと思います。

 

楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック