商品名ダーミヒールクリーム
商品名(EN)DermihealCream
内容量 1本25g
商品コードUP02785
主成分Miconazole Nitrate IP2% w/w Ciprofloxacin HCl IP0.1 % w/w Clobetasol propionate BP0.0
メーカー Health-Kare Pharma


ダーミヒールクリームの症状について

ダーミヒールクリームは、犬の皮膚病や真菌感染症や掻痒感などに効果のある総合的なペット用に開発されたスキンクリームです。
主成分は、硝酸ミコナゾールや塩酸シプロフロキサシン、プロピオン酸クロベタゾールです。

犬の皮膚は、人と同じく上から表皮・真皮・皮下組織の3層構造ですが、犬には全身を覆う被毛があるので犬の表皮は人と比べると薄く、乾燥や刺激に弱い構造になっているので、犬は皮膚のトラブルを起こしやすい動物です。
犬の中には被毛がほとんどない若しくはない犬種がいますが、これらの犬種は皮膚のトラブルに対して強いといわれます。
皮膚には体を外からの刺激に対して守るような防御機能があり、ダーミヒールクリームには皮膚の防御機能を効果を高める効果があります。

真菌感染症とは、カンジダ・白癬菌・皮膚糸状菌などの真菌により、目の周りや耳、口の周りや脇の下、腹部や鼠径部などの皮膚が柔らかい皮膚の部分に赤い発疹ができる事や円形脱毛症などを引き起こす疾患で、症状が悪化するとこれらの症状は全身に広がる疾患です。

症状は皮膚が赤くなったり、毛が抜けたりなどの症状がありますが、一番頻繁にある症状は掻痒感です。
掻痒感により皮膚を引っかいたり、かんだりしたことで二次的な感染を引き起こす場合もあります。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
ダーミヒールクリームの作用と副作用効果

ダーミヒールクリームには皮膚本来が持つ防御機能を高めたり、皮膚病の進行を食い止め、治療の手助けたりとする効果があります。

激安,最安値,処方,販売
ダーミヒールクリームの使用方法(投与方法)

1日2回、患部に塗布します。

ダーミヒールクリームは医薬品なので、必ず獣医師の指導の下に使用するようにします。
また、子供が口に入れないように、子供の手が届かない場所に保管するようにします。

ダーミヒールクリームを塗布しても効果が認められない場合や効果がある程度認められても別の皮膚のトラブルが認められた場合には使用を中止して、すぐに獣医師の診察を受けて指示を仰ぐようにします。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

乾燥肌で困っていましたが、使用した結果、いつもより早く乾燥肌がよくなり、掻痒感もすっかりとなくなりました。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のダーミヒールクリームの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。