商品名セレニア(Cerenia)16mg
商品名(EN)Cerenia16mg
内容量1箱4錠
商品コードUP01896
主成分 Maropitant 16mg
メーカーファイザー(Pfizer)


セレニア(Cerenia)16mgの症状について

犬が嘔吐する場合は、吐き出しと嘔吐の二種類があり、いずれも口から食べ物を吐き出すという行動ではあるものの、吐き出す際の体勢や嘔吐物によってそれぞれ違いがある為簡単に見分ける事ができます。
吐き出しの場合は、食べ物を吐き出す際、食べ物を前方へ強く吐き飛ばすように行い、嘔吐物は未消化のままの為、吐き出した後、嘔吐物を再び食べ直す行動が見られるという特徴があります。

吐き出しの原因としては、食道や消化管等が一時的に不調で合った為に引き起こされており、この場合には一日程食事を控える事等により、殆どの場合は症状が改善されます。
嘔吐の場合は、食べ物を吐き出す際、下を向きそのまま吐き出すという特徴があり、嘔吐物は既に消化されている状態で吐き出される為、犬は嘔吐物を再び摂取する事はありません。

等との原因としては、主に胃腸内の不調である事が多い物の、原因はそれだけではなく、脳や耳、肝臓や腎臓等の器官や臓器のトラブルや、後頭部を強打した際や強いストレスや匂いに反応した場合にも症状が見られる為、犬が嘔吐した場合は、その前後の様子を見直して原因を探る必要があります。

一日のうちに数回にもわたり嘔吐が見られる事や、同時に発熱や下痢等の他の症状も見られている場合には、重篤な病気も考えられる為注意が必要です。

マロピタント錠
マロピタント,オイル
セレニア(Cerenia)16mgの作用と副作用効果

セレニア(Cerenia)16mgは、ファイザー社製の犬用の吐き気止めで、一般的な嘔吐だけでなく、乗り物酔いの予防薬としても効果があります。
有効成分はマロピタント(Maropitant)を含有しており、一日一回投与する事で嘔吐中枢を刺激するニューロキノン受容体を無効化にして嘔吐抑制し、様々要因による嘔吐に効き目があります。

又、投与後は約一時間程で効果が現れ始めその後24時間薬の効果を持続する事ができ、現在では14カ国の国で幅広く愛用されている信頼性の高い薬です。
このようにセレニア(Cerenia)は、高い有効性が確立されている薬ですが、生後16週未満の犬や、妊娠中や搾乳中のメス等には使用しないようにしてください。

マロピタント犬
セレニア(Cerenia)16mgの使用方法(投与方法)

セレニア(Cerenia)16mgは、口から飲み込ませて投与する経口投与タイプの薬です。
薬の投与量については一般的な制吐の場合、犬の体重1kgに対し薬の有効成分マロピタント量を2㎎として計算し一日一回を投与させ、最大5日間継続して投与させる事ができます。

乗り物酔いの予防の場合は、犬の体重1kgに対し薬の有効成分マロピタント量を8㎎として計算し一日一回を投与させ、最大2日間継続して投与させる事ができます。
又、薬投与後は薬時一時間程で効果が現れる事から、乗り物酔いの予防の際に投与する場合は、移動の一時間前までに投与を行う必要があります。

注意事項とては、一般的な制吐での投与の場合には体重が2kg未満の犬への投与ができない事や、乗り物酔いの予防での投与場合は体重1kg未満の犬には投与できない為、注意が必要です。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
マロピタント,ファイザー
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

家の愛犬は車の移動が本当に苦手で、少しの距離でも辛そうにしておりとても可哀そうでしたので思い切ってこのお薬を試してみる事にしました。するとあんなに辛そうにしていた車の移動が、薬を飲ませる事によってとても楽になったらしく、今では一緒に旅行にも行けるようになりました。

愛犬にストレスをあまり与えたくないので出来る限り車の移動は控えているのですが、ここぞという時にはこのお薬がとても役に立っています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
マロピタント,用量

このページは犬猫のペット用お薬のセレニア(Cerenia)16mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。