商品名セレニア 60mg犬用
商品名(EN)Cerenia Blue60mg
内容量 1箱4錠
商品コードUP01898
主成分 Maropitant 60mg
メーカー ファイザー(Pfizer)


セレニア 60mg犬用の症状について

犬用に開発された嘔吐を予防するための動物用医薬品です。
また、乗り物酔いの予防薬として使用されます。

嘔吐とは、1度胃の中に入った内容物が何らかの理由で吐き出した状態で、食べすぎや早食いなどが原因で起こりますが、ほとんどが一過性で半日から1日の絶食で改善されることが多いですが、繰り返し嘔吐する場合や嘔吐以外の症状が発現している場合には疾患に罹患している可能性が高いのですぐに獣医師の診察を受けるようにします。
また、嘔吐には急に薄急性嘔吐の他にも疾患による嘔吐や治療の副作用の1つとしての嘔吐などがあります。

セレニア60㎎は、アメリカの食品医薬品局の承認を受けているので安全性は高い動物用医薬品といえます。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
セレニア 60mg犬用の作用と副作用効果

嘔吐中枢を刺激するNK1の作用を無効化する事によって嘔吐をすることを抑制します。
また、どの種類の嘔吐に効果があるとされています。
内耳にある平衡感覚を司っている部分からの刺激に対しても効果がある事から乗り物酔いとしても高い効果が確認されています。

セレニアは投与後1時間で速やかに体内に吸収され、高い有効性が確認され24時間効果が持続するので1日1回投与すれば十分です。

激安,最安値,処方,販売
セレニア 60mg犬用の使用方法(投与方法)

セレニア60㎎は12.1㎏以上で15.1㎏以下の犬に使用が推奨されます。

嘔吐の場合は体重1㎏あたり2㎎を1日1回、最大5日間経口投与を限度に投与を行います。
乗り物酔いの場合は乗る1時間前までに体重1㎏あたり8㎎を1日1回、最大2日間まで経口投与を限度に投与を行います。

研究データとして適量の5倍を投与しても安全性は確認されています。

生後16週未満の仔犬には使用する事はできません。
また、妊娠中や授乳中の犬、心疾患を有する犬、肝障害の疑いのある犬、消化管の通過障害或いは有害物質の摂取による嘔吐がある犬には投与しないようにします。
食べ物に医薬品を包み、医薬品を投与する方法がありますが、セレニアは食べ物に包んだりして投与はしてはいけない医薬品です。
急性嘔吐の場合は体重2㎏未満、乗り物酔いの場合は体重1㎏の犬には使用してはいけません。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

お腹が弱く、よく嘔吐をするので常備薬としています。
車での長時間移動の際に使用しています。
以前はよく嘔吐をしていましたが、この薬はよく効きます。
購入後からの返答も早く、安心して到着を待つことができました。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のセレニア 60mg犬用の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。