商品名 セフペットドライシロップ(Cefpet Dry Syrup)
商品名(EN)CefpetDrySyrup
内容量 1本30ml
商品コード UP02657
主成分 Cefpodoxime 100mg/5ml
メーカー Intas Pharmaceutical
セフペットドライシロップ,感染,副作用


・セフペットドライシロップ【1本30ml】の症状について

<クロストジウム下痢>
暑い時期は、細菌性の下痢になるわんちゃんが多いそうです。
クロストジウム菌は、棒状の先端に丸いカプセルのようなものがついている細菌で、ほとんどの犬猫の腸管内に存在し休眠していますが、栄養条件が整うと活動します。
エンテロトキシンと言う毒素を作りだす細菌なので、この毒素により腸の粘膜が破壊され、下痢や出血性の下痢を引き起こしてしまいます。

<グラム陰性菌による敗血症>
菌との戦いに体が負けてしまうことを「敗血症」と言いますが、敗血症の中で多いのが「子宮蓄膿症」になりますが、避妊手術をする事で防げる病気です。
子供を作る予定がない場合は、早めの施術が良いと言われているようです。
グラム陰性菌による敗血症の症状;低血圧・ショック症状・アルカリのバランスが崩れるなどがあります。

<膿皮症>
引っ掻いたり・噛んだ傷口から細菌が入り込んで化膿してしまい、黄色ブドウ球菌などの皮膚常在菌が異常繁殖して腫れたり、湿疹が出る皮膚病です。

<膀胱炎>
雌がかかりやすい病気です。悪化すると腎炎や慢性化する可能性があるので日々のチェック(おしっこの色・濁り・におい)が大切です。

セフペットドライシロップ,感染,量
セフペットドライシロップ,感染,猫
・セフペットドライシロップ【1本30ml】の作用と副作用効果

セフペットドライシロップ(犬猫兼用)細菌による感染症に、効果を促すお薬です(寄生虫・カビなど、細菌以外の微生物には効果がありません)
抗生物質の効果は、合成壁の破壊・DNA複製防止・タンパク質(細胞独自の)の阻害など様々ですがセフペットは、細菌が細胞分裂によって増殖する機能を防ぐ効果に優れていると言われています。

黄色ブドウ球菌・グラム陰性菌・グラム陽性菌・肺炎レンサ球菌・などなど犬猫の感染症の治療に効果を発揮します。

*直前にお水を混ぜて使用するお薬を、ドライシロップと言います。
体内吸収が良く、粉末なので、常温で長く保管が出来るので、常備薬としても最適かと思います

セフペットドライシロップ,感染,単位
・セフペットドライシロップ【1本30ml】の使用方法(投与方法)

1日1回 体重1kgに対し5~10mgご使用前には、よく振ってから、お湯に溶かして投与下さい。

*30度以下の湿度の少ない場所で保管下さい。
水を合わせた状態時は、冷蔵庫で保管し、6日以内に使いきって下さい。
*人間用のお薬ではありませんので、動物にのみ投与下さい。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セフペットドライシロップ,感染,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

常温でしまっておけるのが良くて購入しました。たまに膀胱炎や皮膚炎になったときに使用しますが、使いきらない事が多いので、長期保管できるのは、経済的に助かります。
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セフペットドライシロップ,感染,格安

このページは犬猫のペット用お薬のセフペットドライシロップ【1本30ml】の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。