商品名セファレキシン (Cefalexin)250mg
商品名(EN)Cefalexin250mg28caps
内容量1箱28錠
商品コードUP03788
主成分Cefalexin 250mg
メーカーGenerics[UK]Ltd

 

セファレキシン (Cefalexin)250mg の症状について

・膿皮症
犬の皮膚病の中でも最もかかりやすいと言われている病気です。もともと犬の皮膚には常在菌と言われる細菌が存在するのですが犬の免疫力の低下などでこれらの細菌が異常繁殖することによって起きると言われています。

体中どこでも発症しますが目の周りや脇、脚の付け根部分など皮膚の柔らかい部分に出来やすいです。赤い発疹が出来る・ジュクジュクした発疹から膿がでてくる、患部の周りの毛が抜けてふけのようなものが出てくるなどの特徴があります。

強いかゆみも伴うため犬自身が患部を掻き毟ってしまい症状を悪化させてしまうことも多くあります。
一度発症すると感染が広がるスピードが早く、発見がちょっと遅れただけで体中に感染が広がってしまう場合があります。

セファレキシン最安値

 

セファレキシン,風邪
セファレキシン (Cefalexin)250mg の作用と副作用効果

セファレキシン(Cefalexin)250mgはセフェム系第1世代の抗生物質です。主な成分のセファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質のためペットのバクテリアが原因の感染症(皮膚感染症・泌尿器系感染症・骨、関節の細菌感染)などの治療薬として使われます。

周術期感染症対策・子宮蓄膿症・膿皮症などの細菌感染症などの治療薬としても用いられています。
寄生虫やダニ、真菌、ウイルスが原因の感染症には効果がありません。

副作用としてはまれに食欲が落ちる・吐き気・下痢などの症状また犬の場合はよだれが出る、興奮気味になる、猫の場合は発熱や吐き気などが見られる場合もあります。

セファレキシン,牛乳
セファレキシン (Cefalexin)250mg の使用方法(投与方法)

犬の場合 体重1kg当たり10~40mg  猫の場合 体重1kg当たり10~20mgを8~12時間置きに経口投与してください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セファレキシン,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬の皮膚病治療の常備薬です。一時は全身に皮膚病が広がり禿げネズミみたいになってしまっていましたが、この薬を与えていたらすっかり良くなりました。副作用もなく安心しました。
値段もお手ごろで量も多く助かっています。

 

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セファレキシン,世代

このページは犬猫のペット用お薬のセファレキシン (Cefalexin)250mg の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。