商品名セファレキシン(Cephalexin) 250mg
商品名(EN) Cephadex-250
内容量 小分け発送
商品コード UP03693
主成分 Cephalexin 250mg
メーカー シプラ(Cipla)
セファレキシン,抗生物質,副作用


・セファレキシン(Cephalexin) 250mgの症状について

<膿皮症>
傷口から細菌が感染してしまう感染症、皮膚の常在菌が大量に繁殖し、腫れたり湿疹がでる皮膚病です。

<子宮蓄膿症>
避妊手術で防げると言われていますが、小さな体に傷をつけたくないと思う方も少なくないと思います。
子宮蓄膿症は、敗血症の中で多い病気と言われています。(敗血症;菌との戦いに体が負けてしまう状態)
アルカリのバランスが崩れたり、低血圧・ショック症状などのグラム陰性菌による、敗血症の症状が出ます。

<膀胱炎>
尿道の長さの違いが雄雌にはある為、雌がかかりやすい病気と言われております。
細菌感染により発症しますが、細菌に感染した尿が腎盂に達すると腎盂炎になります。
尿の色の変化・血尿・濁り・匂いなど、日々のチェックで防げる病気です。

<骨髄炎>
傷口の化膿・炎症が骨まで達してしまうと、骨髄炎になります。

多飲多尿は、多くの病気の症状としてあげられる事が多いですが、わんちゃんねこちゃんの個体差や環境により、一時的に飲む量が増えたりもします。
あくまで目安として、その他の症状はないか、注意深く観察する事が早期発見になると思います。」

小さな傷から炎症し、重症になってしまう場合もあります。
愛犬・愛猫の長生きの為にも、予防対策が大切になります。

セファレキシン,抗生物質,量
セファレキシン,抗生物質,猫
・セファレキシン(Cephalexin) 250mgの作用と副作用効果

セファレキシン(1箱28錠)
・主成分;セファレキシン
・第一世代の代表的な抗生物質と言われています。
・犬猫のバクテリア感染の治療に使われる事が多く・膿皮症・子宮蓄膿症などの細菌感染症にも効果を発揮します。
・寄生虫・ダニ・ウイルスへの効果はありません。

セファレキシン,抗生物質,単位
・セファレキシン(Cephalexin) 250mgの使用方法(投与方法)

8~12時間ごとに投与下さい。
適用量
犬;10~40mg(体重1kgに対して)
猫:10~20mg(体重1kgに対して)

直射日光を避けて保管下さい。
アレルギー・過敏症がある場合は、ご使用をお控えください。
獣医の指示にしたがった適量の投与においては、安全であると言われておりますが食欲減退・吐き気・下痢などの副作用が出る事もありますので、そのような症状が見えられた際はすみやかに獣医の診察を受けて下さい。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セファレキシン,抗生物質,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

手術後の炎症に効くと、友人に勧められて購入しました。
術後の炎症が痛々しかったので、少しでも改善されたら良いとの願いを込めて購入しましたが少し元気になって、炎症を落ち着いてきたように見えます。ありがとうございました。
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
セファレキシン,抗生物質,飲まない

このページは犬猫のペット用お薬のセファレキシン(Cephalexin) 250mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。