商品名ジスロマック(Zithromax)250mg
商品名(EN)Zithromax250mg
内容量1箱6錠
商品コードUP00750
主成分Azithromycin 250mg
メーカーファイザー(Pfizer)
ジスロマック(Zithromax)250mgの症状について

犬における呼吸感染症とは、呼吸をつかさどる気道や胸郭、肺胞等の臓器に、犬アデノウィルスや犬パラインフルエンザウイルス等のウイルスや、細菌やマイコプラズマ等の微生物が感染する事に引き起こされる病気です。
症状としては、発熱や咳、呼吸困難等の症状が見られます。

犬における皮膚疾患とは、アレルギーや真菌(カビ)、細菌により、皮膚の基本構造や免疫機能に異常をきたし、皮膚が赤くなる事や湿疹、化膿等の炎症症状が見られる病気です。
患部には強い痒みが伴う為、患部を掻きむしる事や舐める、噛む等の行動が頻繁に見られるようになり、結果二次感染を引き起こしてしまう事が多く見られます。

犬の中耳炎とは、耳の奥にある中耳と呼ばれる部分に、ブドウ球菌や細菌、真菌(カビ)によって炎症が引きおこさえる病気です。
症状としては、耳を気にして触る、頭を振る、頭後が片方に傾く等の様子が見られ、症状が重篤化すると炎症を引き起こしている側の耳や唇が麻痺してしまう症状が見られます。

 

アジー,クラミジア
ジスロマック(Zithromax)250mgの作用と副作用効果

ジスロマック(Zithromax)250mgはファイザー(Pfizer)社製による、有効成分アジスロマイシン(Azithromycin)を含有した抗生物質で、本来は人間用の医薬品ですが動物にも幅広く使用する事ができます。
本剤を投与する事により、幅広い細菌や真菌(カビ)、ウイルスを死滅させ、引き起こされた皮膚の発疹や発赤、腫れや化膿、痛みを抑え、発熱を解熱する効果があります。

様々な病原体や微生物に対して効果がある為、中耳炎や、扁桃炎、咽頭等の炎症や、肺炎や急性気管支炎、肺膿瘍等に有効で、バベシア症の治療にも用いられています。

副作用は少ないとされていますが、稀に胃痛や吐き気、下痢等の胃腸症状が認められる事がある為、投与後に異常が認められた場合には速やかに獣医師による診察を受けてください。

アジー,使用方法
ジスロマック(Zithromax)250mgの使用方法(投与方法)

ジスロマック(Zithromax)250mgの投与方法は経口投与で、犬の体重1kgに対して5㎎から10㎎を1日1回、最長7日間連続投与を行います。
注意事項として、現在ピモジドを含有した医薬品を使用している場合、本剤との併用は禁忌ですので注意する必要があります。

アジー,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬がまた外耳炎になってしまったのでジスロマックを購入しました。
前回外耳炎になった時も、動物病院でジスロマックを処方されたので、安心して飲ませることができました。
動物病院と比べて値段が安い点と通院の手間が省けるのでとても助かりました。

 

アジー,飲み方