商品名アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg シクロスポリン
商品名(EN)CyclophilMe-50
内容量 1箱30錠
商品コードUP01151
主成分Cyclosporine 50mg
メーカーバイオコン(Biocon)


アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg シクロスポリンの症状について

犬におけるアトピー皮膚炎は、アレルギーの原因であるアレルゲン物質が犬の呼吸器官や皮膚を通じて体内に入り込む事により引き起こされる皮膚炎の事を言い、10頭に1頭はアトピー性皮膚炎を患っていると言われる程多く見られる皮膚病の1つです。

又、アトピー性皮膚炎は遺伝的素因があると言われており、アトピー性皮膚炎の発症が多いとされている犬種は、柴犬・シーズ・トイプードル・フレンチブルドッグ・ビーグル・ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー・ミニチュアダックスフント・ウェストハイランドホワイトテリアです。

アトピー性皮膚炎の発症には、“皮膚バリア機能の異常”“アレルゲン物質の存在”“生まれ持ったアレルギー体質”の3つの要因があり、これら全ての要因が重なった場合に症状が引き起こされる為、3つの要因のうち1つでも欠けると症状は現れないとされていますが、要因のうちどれかのみの対策だけを行えばよいというわけでは無く、それぞれの要因を取り除く必要があります。

このようにアトピー性皮膚炎は身体の一部のみに原因があり、それのみを治療する事により症状を改善できるような単純なものではなく、免疫機能や生活環境、遺伝子による複合要因である為、アトピー性皮膚炎による皮膚の痒みをすべて取り除きゼロにする事は現実的に難しいとされています。

その為、治療のし過ぎにより薬の副作用等で愛犬の身体に負担をかけてまう事や飼い主が神経質になり過ぎる事により精神的ストレスを抱えてしまっては意味がありません。
アトピー性皮膚炎による死亡率は殆ど無い為、病気と向き合いながらうまく付き合い長期間管理していく事が、愛犬と飼い主にとって最も重要であると言えます。

シクロスポリン,値段
シクロスポリン,薬価
アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg シクロスポリンの作用と副作用効果

アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)100mgはバイオコン(Biocon)社製の犬のアトピー性皮膚炎における症状の改善薬です。
又、本剤はノバルティス社製のアトピカと同主成分のシクロスポリンを配合した免疫抑制剤であり、ノバルティス社製による人用医薬品のネオーラルのジェネリック製品でもあります。

有効成分はシクロスポリンを含有しており、効果としては免疫系の細胞の一種であるTリンパ球やアレルギーを引き起こす物質を生産する肥満細胞、アレルギー炎症の悪化を引き起こす好酸球の活性化や、皮膚に付着したアレルゲン物質を認識し体内に取り込む役割があるランゲルハンス細胞の抗原提示機能、遅延型アレルギー反応等を阻害する事ができる為アレルギー反応を抑制し、アトピー性皮膚炎の症状を緩和させる効果があります。

又、本剤は体内で水様性と同様の性質になる為、胆汁酸分泌量や食べ物による影響が少ない為、有効成分を速やかに安定して吸収する事ができます。
適正年齢は生後6カ月齢以上からで、体重は15㎏以上から29㎏未満の中型犬に使用する事ができ、使用頻度については、1日1回の投与を4週間連続で行います。

本剤の投与は食後2時間以上開けた空腹時に投与し、投与後2時間は食事を与えないようにしてください。
又、投与開始4週間以降に症状の改善が認められた場合には、症状に応じて投与の間隔を隔日または週2回に軽減する事ができます。

本剤服用後は通常4週間~6週間程で症状が改善されるとされていますが、4週間を経過しても症状の改善が認められない場合には本剤の投与を中止してください。
又、8週間以上の投与は行う事が出来ない為、注意する必要があります。

注意事項としては、本剤を投与する前に医師によるアトピー性皮膚炎の診断を厳密に行ってください。
又、ノミアレルギー性皮膚炎やその他の皮膚炎を併発している場合はそれらが完治するまでは本剤を投与しないでください。

副作用については、本剤の投与により、食欲不振や、嘔吐、下痢等の症状が報告されており、通常副作用の症状は軽度から中度程度とされていますが、本剤の投与後は愛犬の様子観察を行い、異常が認められた場合は速やかに獣医師による診察を受けてください。

シクロスポリン,作用機序
アトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg シクロスポリンの使用方法(投与方法)

本剤は1日1回の投与を、食後2時間以上開けた空腹時に経口投与し、投与後2時間は食事を与えないようにしてください。
投与期間は投与開始から4週間連続投与を行い、4週間以降に症状の改善が見られた場合は投与間隔を隔日または週2回に軽減させる事ができます。

本剤投与後は通常4週間~6週間程で症状が改善されるとされていますが、4週間経過してもアトピー性皮膚炎の症状が改善されない場合は、本剤の投与を中止してください。
又、8週間以上の連続投与は行う事出来ない為、注意する必要があります。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
シクロスポリン,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

動物病院ではアトピカを処方されていたのですが、値段が高く困っていたので、コチラの商品に変えてみました。
主成分がアトピカと同じなので安心して飲ませる事ができますし、効果もアトピカと変わらないようです。
ジェネリックですので値段も安くて助かっています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
シクロスポリン,タクロリムス

このページは犬猫のペット用お薬のアトピカジェネリック、シクロフィル(CyclophilMe)50mg シクロスポリンの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。