商品名グリベックジェネリック 100mg
商品名(EN)Veenat100mg
内容量1箱120錠
商品コードUP01218
主成分Imatinib 100mg
メーカーNatco Pharma


グリベックジェネリック 100mgの症状について

犬の肥満細胞腫とは、結合組織や粘膜下組織に存在する肥満細胞が高分化した癌です。
肥満細胞腫には、皮膚上に発症する皮膚型と内臓に発症する内臓型がありますが、犬の場合その殆どが皮膚型であるとされています。

肥満細胞腫の特徴として、直径1cm~4cm程の大きさの弾力のある腫瘍で表面上には毛が生えていないことが殆どで、外観からだけでは悪性腫瘍か良性腫瘍かの判断は難しく腫瘍の見た目から蚊に刺されや湿疹等と間違った診断を受けてしまう事もあります。
好発年齢は凡そ8歳~10歳頃とされ、好発部位は胴体、股間部、四肢、頭頚部です。

又、転移性が非常に高く、殆どの場合がリンパ節への転移が認められます。
肥満細胞腫の原因としては、原因不明である事が殆どとされていますが、ブルドックや、ボクサー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー等の犬種は好発犬種として知られており遺伝的要因があるのではないかと考えられています。

肥満細胞腫の症状としては、皮膚上に発症した腫瘍に発赤、腫れ、痒み、痛み、浮腫み等が見られます。
又、肥満細胞腫が転移し全身に広がった場合には、食欲不振、低血圧、不整脈等の症状が見られるようになり、嘔吐や下痢をした際には排泄物内に血液が混じる事があります。
病状が更に悪化した場合には、全身のショック症状が引き起こされる事もあり、最悪の場合死に至る事もあります。

ジェネリックグリベック,肥満細胞腫
ジェネリックグリベック,癌
グリベックジェネリック 100mgの作用と副作用効果

ジェネリックグリベック(Veenat)100mgはNatco Pharma社より販売されているイマチニブ含有の犬猫兼用の肥満細胞腫の治療薬で、同社で販売されているグリベックのジェネリック医薬品です。
本剤の有効成分であるイマチニブは、本来は人間の慢性骨髄白血病や消化管間質腫瘍等の治療に用いられる抗がん薬ですが、犬や猫の肥満細胞腫の治療にも高い有効性がある事で知られています。

本剤の副作用については、従来の抗がん薬と比べて、発症した癌の原因分子に対し選択的に阻害し効果を発揮することができる分子標的薬である為、副作用が極めて少ないとされています。

しかし、本剤を人間に投与した場合、嘔吐、下痢、筋肉の違和感、発疹、浮腫み等の症状が認められています。
本剤の注意事項については、妊娠期間中や授乳中の犬への投与を避けてください。
又、本剤を投与するにあたり、必ず事前に遺伝子検査を行ってください。

ジェネリックグリベック,腫瘍
グリベックジェネリック 100mgの使用方法(投与方法)

ジェネリックグリベック(Veenat)100mgの投与方法としては、本剤を投与する前に必ず愛犬の遺伝子検査を行い、獣医師による指示に従って本剤を投与してください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ジェネリックグリベック,リンパ節
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

肥満細胞腫の愛犬の為に購入しました。
今回で2回目になります。
治療して1年程経ちますがうちの愛犬にはこの薬がちゃんと効いているようなので諦めずに続けて飲ませています。
肥満細胞腫を診断された初めのうちは動物病院で処方してもらい購入していたのですが、高額である為前回よりこちらのサイトで購入し始めました。
この病気との付き合いも長くなってきた今では、愛犬の症状に合わせて薬の分量を変えられるようにもなってきたので、現在では愛犬の体調や症状に合わせて薬を飲ませています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ジェネリックグリベック,薬価

このページは犬猫のペット用お薬のグリベックジェネリック 100mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。