商品名クロミカルム 5mg
商品名(EN) Clomicalm5mg
内容量 1箱30錠
商品コードUP03634
主成分Clomipramine Hydrochloride 5mg
メーカーノバルティス(Novartis)
クロミカルム 5mgの症状について

クロミカルム5mgは、分離不安症の補助療法薬です。
また、分離不安症に対する薬品の中で唯一許可されている動物用医薬品です。
Novartisで製造されている動物用医薬品で、主成分は塩酸クロミプラミン5mgです。

分離不安症は、飼い主や家族と離れる事でパニック状態に陥り、帰って来るまで吠え続けたり、普段はしないのに離れている時に限って物を破壊したりといった症状が現れる精神的な要因で行動に異常が認められる病気です。
分離不安症は、薬剤を投与すれば治療できるわけではなく、行動療法と掛け合わせて治療しなければよくならない病気です。体重1,25~5kgの超小型犬や小型犬用の動物用医薬品です。

 

個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
クロミカルム 5mgの作用と副作用効果

脳内の神経伝達物質であるセロトニンの乱れを正す作用があります。
セロトニンの取り込みを阻害する事で、不安を和らげる効果があり、行動療法を受けやすくします。

セロトニンは脳の興奮を抑える脳内物質で、セロトニン濃度が下がると脳の興奮状態が継続します。
不安分離症の犬は、セロトニンの作用が弱い傾向にあるといわれています。
また、クロミカルムを服用した際の副作用として、鎮静・拒食・嘔吐等が軽度で一時的に引き起こされる可能性があります。

激安,最安値,処方,販売
クロミカルム 5mgの使用方法(投与方法)

体重1kg当たり1~2mgを1日2回経口投与します。
体重1.25~2.5㎏の犬の場合は0.5錠、2.5~5kgの犬に場合は1錠投与します。

体重1.25㎏以下または生後6か月未満の犬に投与しないようにします。
モノアミンオキシダーゼ阻害薬との併用をしない。

犬猫以外には使用しない。
食餌と一緒に投与する事が好ましいとされています。

価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

マーキングをしていましたが、服用するとマーキングをしなくなって助かりました。
海外からという事で届くまでに時間がかかりますが、いい商品です。

 

楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック