商品名クリンベット(Clinvet)25mg
商品名(EN)ClinvetOralSolution
内容量 1本20ml
商品コードUP01147
主成分 Clindamycin 25mg/ml
メーカー シプラ(Cipla)
クリンベット,抗生物質,副作用


・クリンベット(Clinvet)25mgの症状について

様々な細菌やばい菌などの感染に対しての治療や予防対策として利用されています。

<骨髄炎>
骨髄に細菌が入り、化膿や炎症を起こす骨髄炎
腫れや痛みが出ますが、化膿した膿が溜まってしまうと、血流を塞ぎ壊死する事もあります。
再発する事が少なくない病気と言われております。

<歯性感染>
虫歯や歯周病により、細菌の炎症が他の組織まで広がってしまう事。

<歯周病>
子犬の頃から、歯磨きやガムでの予防習慣をつける事が大切になります。
虫歯や歯周病は、お口の匂いがきつくなったり、出血する事がありますが、年齢を重ねる事に歯石が溜まりやすくなりますので、歯周病は成犬病の一つと言えます。

クリンベット,抗生物質,量
クリンベット,抗生物質,猫
・クリンベット(Clinvet)25mgの作用と副作用効果

クリンベット(clinvet)は、リンコマイシン系抗生物質と言われています。
主成分:クリンダマイシン

クリンダマイシンは、細菌がタンパク質と構成するのを妨害する、マイクロライド系抗生物質と同じと言われていますが、化学的構造はまったく違うものになるようです。
誤嚥性肺炎やその他の抗菌薬との併用剤として使用される事が多いのがクリンダマイシンになります。

傷の化膿・炎症などの感染治療
傷口から炎症をおこし、骨まで炎症が達してしまう骨髄炎・歯性感染などの治療に、効果を発揮します。

ファイザー社から発売されている、アンチローブと同じ成分と言われていますがクリンペットは経口液剤ですので、錠剤が苦手な子に良いと思われます。

クリンベット,抗生物質,単位
・クリンベット(Clinvet)25mgの使用方法(投与方法)


傷の化膿・炎症・歯性感染治療:体重1kgに対し、2.5mgを12時間毎投与
骨髄炎:体重1kgに対し、5.9mgを12時間毎投与


傷の化膿・炎症・歯性感染治療;体重2.27kgに対し、1~2mlを24時間毎投与

ご使用の際は、よく振ってから使用ください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
クリンベット,抗生物質,楽天
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

錠剤が苦手なので、こちらを購入しました。少しずつ歯茎の腫れがおさまっているように思えます。
他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
クリンベット,抗生物質,飲まない

このページは犬猫のペット用お薬のクリンベット(Clinvet)25mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。