商品名クララスティル(白内障薬)
商品名(EN)Clarastill
内容量1本5ml
商品コードUP01835
主成分N-acetylcarnosine
メーカーBruschettini SRL
クララスティル(白内障薬)の症状について

クララスティル(Clarastill)は白内障治療薬です。人間でもよくあるように、高齢の犬にも白内障の症状はよくあるものです。目の中には水晶体というレンズの役割を担う物体がありますが、加齢を重ねることでこの水晶体が効果、変色していってしまいます。

そのメカニズムは水晶体の周りの液体の部分が加齢によって酸化していくことにあります。人間でもそうであるように、白内障の主な原因は加齢によるものです。目の黒目の中心が白く変色していきますので、白内障の症状が出た時の発見は簡単だと思います。

白内障は適切な治療をしないとどんどん症状が進行していってしまいます。視力が低下していき、最終的には全く見えなくなってしまいますので、高齢のペットを飼っていらっしゃる方は日頃から目のケアに努め、早期の白内障治療に踏み切れるようにしていきましょう。

 

クララスティル,キャビン
クララスティル(白内障薬)の作用と副作用効果

クララスティル(Clarastill)はN-アセチルカルノシンを主成分とした白内障用の治療薬です。N-アセチルカルノシンという物質は目の周りに水分を集め、それが天然の抗酸化作用のある物質として働いて水晶体の硬化変色を防止・治療します。

この物質はアジア諸国やロシアで盛んに研究されており、白内障の治療に役立つ事がわかっています。副作用が特に報告されていませんが、同じく抗酸化作用のあるサプリメントと併用するとその効果を半減させる可能性があります。

そのため、他の薬と併用したい場合は獣医師と相談のうえ投与するようにしてください。

クララスティル,効果
クララスティル(白内障薬)の使用方法(投与方法)

予防目的の場合:一日一回、2滴を投与。治療目的の場合:一日二回、2滴ほどのを6ヶ月間投与。白内障の病状が落ち着いた後も時折投与してあげることで白内障の再発を防止することができます。開封後は30日以内に使い切るようにお願いします。

また本剤は本来は人間用の薬です。投与する際は獣医師の指示にしたがってください。もし使用して異常が見られた場合は直ちに獣医師の診断を受けてください。

クララスティル,オオサカ堂
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

まだ白内障の症状は出ていなかったのですが、13歳のうちの犬に今まで三本の薬を使っています。たまたま他の病気のことで獣医師さんのところにいったのですが、目も一緒に見てもらったときに「目はしっかりしていて問題ない」と言われました。
早くからこの薬を使っていたおかげだと思っています!今はまとめ買いもして常にストックしています。とても頼りになる薬だと思っています。

 

クララスティル,白内障