商品名クラビット点眼薬 0.5%
商品名(EN) CravitOphthalmicSolution
内容量1本5ml
商品コードUP00853
主成分Levofloxacin 0.5%
メーカーSanten Pharmaceutival
クラビット点眼薬 0.5%の症状について

犬の角膜炎とは、眼球の黒眼の部分を覆っている角膜が炎症し引き起こされる眼の病気です。
角膜炎は主に2種類に分類されており、角膜の表面の炎症はあるが上皮以下の欠損が見られない非潰瘍性角膜炎と、角膜の表面の炎症も見られ上皮以下の欠損を伴う潰瘍性角膜炎があります。

更に非潰瘍性角膜炎は慢性表層性角膜炎、色素性角膜炎、結節性肉芽腫性強膜炎の3種類に分類され、潰瘍性角膜炎は表層性角膜潰瘍、深層性角膜潰瘍の2種類に分類されます。
それぞれタイプが違う角膜炎ですが、症状に関しては同じであり主に眼球の激しい痛みや、角膜の白濁、流涙過多、新性血管の視認等が挙げられ、犬は床や壁、前足等で眼を擦る等の様子が見られるようになります。

 

クラビット,市販
クラビット点眼薬 0.5%の作用と副作用効果

クラビット点眼薬(CravitOphthalmicSolution)0.5%はSanten Pharmaceutival社より販売されている有効成分レボフロキサシン水和物含有の広範囲抗菌点眼剤です。
本剤の有効成分であるレボフロキサシン水和物は幅広い抗菌スペクトルと強い抗菌活性のあるニューキノロン系の合成抗菌薬であり、細菌のDNA複製を阻害する作用があります。
その為、レボフロキサシン水和物を眼治療に使用する事により眼球内に繁殖した細菌の増殖を抑制、殺菌する事で患部の炎症や痛み、充血を緩和する事ができます。

本剤の副作用としては、投与後に眼の刺痛感や痒み等が報告されています。
本剤の注意事項としては、本剤の成分であるオクロキサシン及びキノロン計抗菌剤に対し過敏症のある犬や、妊娠期間中及び授乳中の犬には使用できない為注意が必要です。
又、容器内の薬液汚染防止の為、点眼時には容器の先端が直接眼に触れないようにしてください。

クラビット,コンタクト
クラビット点眼薬 0.5%の使用方法(投与方法)

クラビット点眼薬(CravitOphthalmicSolution)0.5%の投与方法としては、通常1日3回を1回につき1滴、症状が見られる眼に点眼します。
又、症状によって適宜増減してください。

クラビット,医薬品
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

アレルギーが強く出た時に、うちの愛犬は眼が充血してしまうのでその際にいつも点眼しています。
クラビットは私も眼科で処方された事があるので安心して使用する事ができます。
今回薬が無くなりそうだったのでコチラのサイトで購入してみました。
いつもの動物病院で処方してもらっている時よりも値段が安く済み助かりました。

 

クラビット,使用期限