商品名ガチブル(ガチプロ、成分ガチフロキサシン)点眼液
商品名(EN)GatibluEyeDrops
内容量1本3ml
商品コードUP02909
主成分Gatifloxacin 0.3% w/v
メーカーLupin


ガチブル(ガチプロ、成分ガチフロキサシン)点眼液の症状について

ガチブル(Gatiblu、成分ガチフロキサシン)点眼液はワンちゃんの目の感染症の治療に有効な抗菌成分のある点眼薬です。結膜炎や麦粒腫(ものもらい4)といった症状によく効きます。結膜炎とは白目の部分に炎症が起きてしまう病気です。原因は多々ありますが、異物が目に侵入したために起きてしまったり、ジステンパーなどのウイルスや細菌に感染した時、また犬が予め持ってしまっているアトピーなどの病気のためになることがあります。

目を前足でこすろうとしていたり白目が充血していたり、また瞬きが多くなるなどの症状をあらわします。麦粒腫とはいわゆるものもらいの一種です。人間でも馴染みのある病気ですね。マイボーム腺という涙に脂分を混ぜるための腺ですが、ここが炎症を起こしてニキビのようなしこりを形成してしまう病気です。

また高齢の犬の場合、マイボーム腺腫といってイボ状の良性腫瘍となってしまうこともあり、切除しないかぎり取れることはありません。早めの治療を心がけて、悪化を防止したいものですね。

ガチフロ,点眼液
ガチプロ緑内障,点眼薬
ガチブル(ガチプロ、成分ガチフロキサシン)点眼液の作用と副作用効果

ガチブル(Gatiblu、成分ガチフロキサシン)点眼液は、抗菌作用のある点眼薬です。ニューキノロン系の薬品であり、他の同じようなお薬と比べると耐性菌が発生しにくいと言われています。目で細菌が増殖すれば炎症の原因となり、充血や痛みといった症状をワンちゃんにもたらし、さらに違った感染症の原因ともなってしまいます。

この炎症を沈静化するには増殖した細菌を死滅させる必要があります。ガチブル(Gatiblu、成分ガチフロキサシン)点眼液は結膜炎、角膜炎、麦粒腫といった症状に効果を発揮し、ブドウ球菌やレンサ球菌、肺炎球菌といった様々な細菌に抗菌効果を示します。
副作用は特に報告されていませんが、使用して異常が見られた場合はすぐに使用を中止してください。

ガチプロ白内障,点眼薬,効果
ガチブル(ガチプロ、成分ガチフロキサシン)点眼液の使用方法(投与方法)

1回につき1滴を目に点眼してください。使用は1日3回までにしてください。本剤は開封してから30日以内に使用してください。またキノロン系の薬に過敏な体質の犬には投与しないでください。本来この薬は人体薬ですが動物薬としても使用される場合があります。使用する際は獣医師の指示に従ってください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ガチプロ点眼薬
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

ドライアイを防ぐほかの薬をあわせて、うちの犬にこの薬を使用しています。ほかの薬はいくつか使い分けているのですが、抗生物質の入った目薬はこの薬をずっと続けて使用しています。ドライアイ対策の薬と合わせて投与しているおかげで酷かった目やにや充血がとても良くなりました!常備薬としてとても大切な薬です。

うちのペットはいつごろからか右目がひどい炎症を起こしてしまい、涙がポロポロ溢れるまでになってしまっていました。いろいろ調べた結果このお薬のことをしり、投与してみたのですが効きました!獣医さんからもらった薬より効いたみたいです(笑)一週間ほど続けたら炎症がおさまり、ひと安心しています。本当にありがとうございました。 

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
ガチプロ角膜炎,点眼薬

このページは犬猫のペット用お薬のガチブル(ガチプロ、成分ガチフロキサシン)点眼液の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。