商品名アモキシシリン (Amoxicillin)250mg
商品名(EN)(Kent)Amoxicillin250mg21caps
内容量1箱21錠
商品コードUP03789
主成分Amoxicillin 250mg
メーカーKent Pharmaceuticals Ltd
アモキシシリン (Amoxicillin)250mgの症状について

主にカンピロバクター菌やサルモネラ菌などが腸内で繁殖してしまい、炎症を起こした状態のことを細菌性腸炎と呼びます。

細菌が腸の粘膜に付着し、毒素を出すことによって下痢や嘔吐などを引き起こします。
主な症状としては
・嘔吐・下痢(便に血液や粘液が混じることがある)
・元気がなく、食欲が落ちる。
・発熱
・下痢・嘔吐で水分が奪われる・取れないため脱水症状になる。
・腹痛
等があります。

細菌に対して免疫力が強い成犬では重症化することはあまりありませんが、老犬・子犬では症状の進行が早く進む場合があります。

 

アモキシシリン,風邪
アモキシシリン (Amoxicillin)250mgの作用と副作用効果

アモキシシリン(Amoxicillin)250mgはグラム陽性菌、陰性菌のどちらにも高い効果があると言われるペニシリン系抗生物質です。細菌の細胞壁が合成されるのを阻害することによって細菌を殺します。

様々な種類の細菌に効果を対し抗菌作用があるため、中耳炎・肺炎・副鼻腔炎・扁桃腺・細菌性腸炎・膀胱炎など多くの細菌性感染症の治療薬として用いられています。

主成分のアモキシシリンは原因菌を死滅させることが出来る殺菌性の抗菌薬なので症状が重くなってしまった感染症や急性感染症の治療にも優れた効果が期待できると言われています。

また、アモキシシリンは摂取後、体内に蓄積されることはなくすぐに腎排泄される点も急性感染症向けの薬と言われる理由の一つです。年齢制限や併用注意薬剤などの使用制限も少なく、妊娠しているペットにも使用可能です。

抗生物質,アモキシシリン
アモキシシリン (Amoxicillin)250mgの使用方法(投与方法)

ペットの体重1kg当たりアモキシシリンとして10~20mgを1日2回、5日間続けて経口投与してください。(1回当たり0.04~0..08錠です)

ペニシリン系抗生物質へのアレルギーがある場合には使用しないでください。

アモキシシリン,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

カプセルタイプの薬のため扱いやすいです。急な症状が出たときなどのために常備するようにしました。
カプセルのおかげで味に敏感で薬の苦手なうちの愛犬も無理なく与えることが出来ました。

 

薬,アモキシシリン