うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症、病的な怖がりなどの状態に、効果が期待できます。
内容成分である、クロミプラミン塩酸塩は、脳の機能を調節する物質(ノルアドレナリン、セロトニン)の働きを活発にし、意欲を高め、憂鬱な気分を改善するといわれています。
動物医薬品としては、イヌの分離不安症の治療薬として使用されます。

商品名アナフラニールジェネリック(Clofranil)25mg
商品名(EN) Clofranil25mg
内容量 1箱100錠
商品コードUP02691
主成分 Clomipramine hydrochloride 25mg
メーカー Sun Pharma


・症状について

犬の分離不安とは?
飼い主が外出し、犬が一人ぼっちの状態になった時に、強い不安を感じてしまうこと
が原因といわれています。不安を感じている犬は、その不安から吠え続けたり、室内犬の場合は、
室内をめちゃくちゃに破壊したり、おねしょをしたりします。
また、下痢や嘔吐、食欲不振といった病気のような症状を示すケースもあるようです。

アナフラニール,ジェネリック,犬,作用
アナフラニール,ジェネリック,犬,症状
・薬の作用と副作用効果
【作用効果】

うつ状態、パニック状態、強迫神経症、恐怖症、病的な怖がりなどの状態に、効果が期待できます。

【副作用効果】

お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
開封後は涼しい直射日光を避けて保管して下さい。
必ず獣医師の処方と指導をうけて、ご使用ください。

発疹などのアレルギー症状があるペットへのご使用は控えてください。

緑内障、眼内圧亢進、心臓疾患、尿閉、排尿困難、甲状腺機能亢進症、痙攣性疾患、躁うつ病、脳の器質障害、
統合失調症、副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫)、肝障害、腎障害、低血圧、便秘があるペットへの
ご使用は控えてください。

アナフラニール,ジェネリック,犬,比較
・使用方法(投与方法)

*本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。

*犬に対しての使用量としては、体重1ポンドにつき1~1.5mg(1kgにつき2~3mg)を1日2回使用します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
アナフラニール,ジェネリック,犬,ペット
・商品の評判や口コミの感想

書き込み1.購入するきっかけは、病院で買うよりかなりお得なることでしょうか、どうしても病院や医院で買うと高いので購入に躊躇するときがあります。そこでネットで探してたらこちらが安そうだったので一度試してみましたが問題なく購入からお届けまでできたので次回でもお願いしたいです。

書き込み2.どこで注文するか迷ったが、安くて安心できそうなので購入しました。迅速に対応してくれ梱包も丁寧だったので、気持ち良く購入できました。

書き込み3.他頭飼いしてるのでまとめて購入できるので助かってます!もう少しおまとめセットなどで安く購入出来たら助かります。是非セールや割引をご検討お願いします!

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
アナフラニール,ジェネリック,犬,薬