商品名アナフラニールジェネリック 10mg
商品名(EN)Clofranil10mg
内容量1箱100錠
商品コードUP02690
主成分Clomipramine hydrochloride 10mg
メーカーSun Pharma


アナフラニールジェネリック 10mgの症状について

犬の分離不安症とは、犬が飼い主に対して過剰なまでの愛着や依存により、飼い主の留守中に独りになる事に対しての強い不安やストレスを感じて起こす問題行動の事を言います。

犬の分離不安症の症状としては、飼い主の留守中に吠え続けてしまう事や、不適切な場所での排泄行為、飼い主の持ち物や家具を壊してしまう事、一種のパニック症状により自分の尻尾や手足を過剰に舐めたり噛んだりする行動が見られており、特に注意が必要なのは、自分の尻尾や手足を過剰に舐めたり噛んだりする事により、その部分が化膿したり腐ったりしてしまい最悪の場合は切断せざるおえない状態になる事があります。

犬の分離不安症の殆どが、飼い主の過剰なスキンシップや元々の性格によるものが多く、早い時期に離乳を行った事や長期にわたり単独飼育がされていた事等は関係ないとされています。
又、分離不安症による問題行動は、犬がストレスを飼い主に対してぶつけている事や困らせようとしている行動ではなく、病気ですので、むやみに愛犬を叱る事はせず、まずは飼い主が分離不安症について理解を深める事が大切です。

分離不安症の治療法としては、飼い主による過剰なスキンシップを断ち、犬と適切な距離を保つ事で犬の不安やストレスを取り除く事が目的の行動療法と、それを効果的にする為に行う薬物療法を同時進行で行う事が良いとされています。

アナフラニールジェネリック猫
アナフラニールジェネリック,分離不安症
アナフラニールジェネリック 10mgの作用と副作用効果

アナフラニールジェネリック(Clofranil)10mgは犬の分離不安症や、強迫神経症、病的な怖がりや恐怖心の緩和、鬱やパニック症状等を和らげる効果があります。

主な有効成分はクロミプラミン塩酸を使用しており、脳の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの働きを活発にし、意欲向上や憂鬱な気分を高める効果がある為、主に犬の分離不安症の治療に使用されています。

副作用として食欲が落ちる、喉の渇き、眠気、吐き気等の症状が報告されており、吐き気が見られる場合には投与時に少量の餌を一緒に与える事で改善される事が多く見られております。

アナフラニールジェネリック,パニック症状
アナフラニールジェネリック 10mgの使用方法(投与方法)

アナフラニールジェネリック(Clofranil)10mgは一日二回口からの投与(経口投与)を行います。
アナフラニールジェネリック(Clofranil)10mgは一錠あたり塩酸クロミプラミンが10㎎含有されており、犬の体重1kgあたりエンサンクロミプラミンを1~2㎎投与します。
注意事項として、MAO阻害薬(モノアミンオキシダーゼ)の併用や生後6ヶ月未満の犬や体重1.25㎏以下の犬への投与はしないでください。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
アナフラニールジェネリックストレス
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

自分の離婚をきっかけに、留守中家の中を荒らす事やトイレ以外の場所で粗相をするようになったので試しに購入してみました。
薬を飲むようになってから問題行動は激変し、今では留守番中もおりこうさんにしていてくれています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
アナフラニールジェネリック,用量

このページは犬猫のペット用お薬のアナフラニールジェネリック 10mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。