商品名アナフラニールジェネリック 25mg
商品名(EN) Clofranil25mg アナフラニール(アルフレッサ)
内容量 1箱100錠
商品コード UP02691
主成分Clomipramine hydrochloride 25mg
メーカー Hoechst AG
アナフラニールジェネリック 25mgの症状について

アナフラニールジェネリックは犬の分離不安症の治療薬として使用される医薬品ですが、本来はうつ病やパニック障害などの治療に使用される人間用の医薬品です。
犬という動物は、本来は群れで生活をする動物なので、基本的に留守番など1頭だけの環境が苦手です。

1頭だけの環境に置かれると、パニック状態になり、吠え続けたり、室内飼育の場合は室内で暴れまわったり、自分の体を噛んだりなどの異常行動を起こす事があります、これを分離不安症といいます。

軽度の場合は、飼い主や家族の触れ合い方やもう1頭飼育する事で1頭だけしかいない環境にはしないなどする事で改善されますが、重症化するとこういった行動療法だけでは改善されない事があります。
この際に行われるのがアナフラニールジェネリックをはじめとする医薬品による薬剤療法です。

 

個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
アナフラニールジェネリック 25mgの作用と副作用効果

アナフラニールジェネリックを使用すると、脳内物質であるノルアドレナリンやセロトニンの亢進が行われます。これらの脳内物質の亢進が行われると、不安に感じたり、パニックになりにくくなりやすくなります。
不安に感じたり、パニックになりにくくなる事で行動療法の効果が出やすくなり、分離不安症の改善につながります。

副作用としては、喉の渇き・吐き気・眠気・食欲減退などが知られていますので、これらの症状が現れた場合はアナフラニールジェネリックの使用を止めて獣医師の診察を受けるようにします。

激安,最安値,処方,販売
アナフラニールジェネリック 25mgの使用方法(投与方法)

アナフラニールジェネリックを分離不安症の犬に使用する際には、必ず獣医師の診察を受けて獣医師の処方と指導を受けてから使用する必要があるので自己判断だけで使用してはいけません。
アナフラニールジェネリックは1日2回使用し、1回当たり体重1㎏につき2~3㎎を投与します。

アナフラニールジェネリックは口から投与する事ができるので、食餌と一緒に投与する事ができます。
アレルギー症状が現れている犬にアナフラニールジェネリックを使用する事は控えるべきといわれます。

また、緑内障、心臓疾患、排尿困難、甲状腺機能亢進症、痙攣性疾患、肝障害、腎障害などがある場合も使用は控えるべきといわれます。
体重が1.25㎏に満たない犬や成後6か月に満たない仔犬への使用は安全性の問題から使用しないようにします。

価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

注文から1週間くらいで到着しました。
夜鳴きが多くて困っていましたが、少なくなり助かりました。警戒心の強さから吠えたり、イライラして肢を噛んだりと問題行動がありましたが、1日2回の投薬で警戒心の強さは相変わらずですが、自傷行為がなくなりました。

 

楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック