商品名アナフラニールジェネリック 10mg
商品名(EN) Clofranil10mg アナフラニール(アルフレッサ)
内容量1箱100錠
商品コード UP02690
主成分Clomipramine hydrochloride 10mg
メーカーHoechst AG
アナフラニールジェネリック 10mgの症状について

アナフラニールジェネリック(クロフラニール)10㎎は、アナフラニールのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、特許を過ぎた医薬品を別の会社で製造方法も成分も同じ医薬品を別の商品名で販売する医薬品で、一から研究するわけではないので安価に販売される医薬品です。

アナフラニールジェネリックは本来は人に使用される医薬品として鬱状態、パニック状態、病的な怖がりなどの状態の治療に用いられますが、動物医薬品として犬の分離不安症の治療薬として使用されます。

アナフラニールジェネリックの成分はクロミプラミン塩酸塩で、犬の分離不安症として使用されるクロミカルムと成分は同じです。

分離不安症は飼い主や家族と離れる事でパニック状態に陥り、吠えたり、イタズラをしたり、自分の肢などを噛んだりします。

治療には、薬剤使用による治療と飼い主や家族が出かける前の触れ合い方を変える行動療法があり、2つの治療法を並行して行います。

 

個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
アナフラニールジェネリック 10mgの作用と副作用効果

アナフラニールジェネリックを使用すると、脳内物質であるノルアドレナリンやセロトニンの働きが亢進され、不安な状態や落ち込んだ気持ちを改善されます。
アナフラニールジェネリックを使用した時に現れる可能性がある副作用としては、喉の渇き・吐き気・眠気・食欲減退などがあります。
また、薬剤に敏感な犬に使用した場合には、投与した場所に一過性のアレルギー症状が起こる場合があります。

激安,最安値,処方,販売
アナフラニールジェネリック 10mgの使用方法(投与方法)

アナフラニールジェネリックを使用する際には、動物医薬品なので獣医師の処方と指導が必要な要指示薬です。
また、他の医薬品と併用する場合には、必ずかかりつけの獣医師に相談してから使用します。
1日2回、体重1㎏につき2~3㎎を使用します。

アナフラニールジェネリックは、発疹等のアレルギー症状が現れている場合には使用しないようにします。
その他にも、緑内障・眼内圧亢進・心臓疾患・尿閉・排尿困難・甲状腺機能亢進症・痙攣性疾患・脳の器質障害・肝障害・腎障害・便秘などの疾患や症状が現れている場合には使用しないようにします。

また、衰弱している犬や高齢期の犬、何らかの疾患を治療している犬、妊娠中や授乳中の犬に使用する際には注意しながら使用するようにします。

価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

値段がかなり安く購入する事ができました。
注文からアナフラニールジェネリックが到着するまで迅速に対応してくれた。
最後まで不安なく購入する事ができました。寝る時に苛々して前肢を引っ掻いてなかなか眠らなかったが、食餌に混ぜて使用したら、前肢を引っ掻く行動が少なくなりました。
神経質でヒストリー気味の愛犬に使用しましたが、何となく落ち着き、夜鳴きが少なくなりました。
アナフラニールジェネリックの到着が思ったよりも早く助かりました。

 

楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック