商品名アトピカ50mg
商品名(EN)Atopica50mg(ENG)
内容量1箱15錠
商品コードUP02485
主成分Cyclosporine 50mg
メーカー ノバルティス(Novartis)


アトピカ50mgの症状について

アトピカは、アトピー性皮膚炎の治療薬として開発された医薬品で、ステロイド剤を使用せずに掻痒感を抑制し、症状をコントロールする事を目的に使用します。
アトピカ50㎎は、体重8~15㎏の犬に使用します。
有効成分はシクロスポリンで、アトピー性皮膚炎以外にも乾性角結膜炎や溶血性貧血などにも使用される免疫抑制剤です。

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンを吸引する事によって起こるアレルギー症状です。
他のアレルギー症状を発現する疾患としては食餌性アレルギーや接触性アレルギー性皮膚炎と比べると最も頻度が高い疾患です。
遺伝的な要因としては、免疫グロブリン抗体が産生されやすい体質の犬に発症します。
その他にもハウスダスト・カフン・ダニ・真菌などがアレルゲンとなります。

発症すると、顔面や四肢、腹部などに強い掻痒感を引き起こし、時には全身症状を生じます。
掻痒感により、噛んだり、引っかいたりしたために二次的な皮膚炎を起こします。
また、アレルギー性外耳炎が認められます。

格安,購入,通販,ペット薬
個人輸入,輸入代行,有効成分,Yahoo
アトピカ50mgの作用と副作用効果

即効性はありませんが、犬の免疫機能が過剰反応する事を抑制し、掻痒感や炎症を抑制します。
副作用としては、嘔吐、粘液を含んだ便や軟便、下痢といった胃腸管の機能障害が引き起こされる可能性があります。

ただし、これらの副作用は一過性の軽度のために使用を中断する必要はないとされています。
また、食欲不振。歯肉過形成、イボ状の病変、被毛の変化、筋肉痛、虚脱感が稀に発現すると報告されています。
これらの副作用は、1日1回10㎎/体重1㎏以上を長期間にわたって服用した場合に認められるとされています。

激安,最安値,処方,販売
アトピカ50mgの使用方法(投与方法)

1日1回、体重1㎏あたり5㎎を口から投与します。
食餌の2時間前か食後2時間以上後に投与します。

4週間継続して投与しますが、効果が発現しなくても8週間以上は投与しないようにします。

6か月未満、体重2㎏未満の犬への使用は安全性が確立されていないために使用しないようにします。
また、妊娠中や授乳中の犬へも忍容性が確認されていない為に使用しません。
更に、食餌アレルギーや季節性のアトピー性皮膚炎には使用しないようにして、糖尿病が疑われる場合には使用しないようにします。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
価格,症状,効果,獣医師
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

動物病院と同じなので安心して使用でき。状態がとても良好です。
動物病院で処方されるよりも断然安価なので助かっています。

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
楽天,amazon,ネット通販,ジェネリック

このページは犬猫のペット用お薬のアトピカ50mgの効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。