商品名アジスロマイシン500mg
商品名(EN)Maxithral500mg3tabs
内容量1箱3錠
商品コードUP04291
主成分Azithromycin 500mg
メーカーUCB Pharma
アジスロマイシン500mgの症状について

犬・猫の細菌性の病気として代表的なものに、呼吸器疾患、肺炎などがあります。肺炎になると咳や熱が出たり、食欲がなくなる、急に元気がなくなる、疲れやすい・息が荒いなどの症状が出てきます。咳がひどくなると吐き気を誘発することがあります。

呼吸がしにくいため、楽な姿勢を取ろうとし始めます。前足を伸ばしてみたり、突っ張ったような姿勢をとったりするようになるでしょう。

肺炎がさらに重くなると身体を横にすることができなくなってしまい、一段と体力を消耗させてしまいます。

肺炎を起こす主な原因は大気中のウイルス・細菌・寄生虫などがあります。冬の空気が乾燥する時期や、雨が多くジメジメとした梅雨の時期などはウイルスや細菌の活動が活発になり、これらの感染症による気管支炎・肺炎が増えてきますので注意してください。

 

アジスロマイシン,歯周病
アジスロマイシン500mgの作用と副作用効果

アジスロマイシン500mg(Maxithral)はマクロライド系という種類に分類される抗生物質です。細菌のタンパク質合成を阻害して増殖を抑え、免疫が菌を殺すのを助けます。

比較的長い時間体内に成分が留まる特徴があります。

主に細菌が原因の炎症、皮膚・傷口などの化膿、感染症などの治療に使用されます。
もともとは人用の医薬品ですが、動物用医薬品として使用される場合は獣医師の指導が必要ですので注意してください。

比較的副作用が少ない薬品ですが、まれに下痢・吐き気・嘔吐などの消化器症状が出ることがあります。

アジスロマイシン,淋菌
アジスロマイシン500mgの使用方法(投与方法)

用量を守り、経口投与してください。

・犬 体重1kgに対し5~10mgを1日1回投与します。 7日間まで継続してください。
・猫 体重1kgに対し5~15mgを12~24時間ごとに投与します。 7日間まで続けてください。

アジスロマイシン,効果期間
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

犬の咳がひどかったので購入してみました。1箱が3錠と少なめですが使い切りには調度いいです。

錠剤を細かく砕いて、ご飯に混ぜてあげたらなんとか食べてくれました。食欲がなくなっているときなので出来るだけ食べやすくと考えてこの方法にしました。

 

アジスロマイシン,世代