商品名わん歩計
商品名(EN)ElectronicPedometer(Orange)
内容量1個
商品コードUP02654
主成分ペット用万歩計
メーカー山佐時計計器(YAMASA TOKEI)

 

わん歩計の症状について

最近は人間と同じように犬にも肥満が増えてきています。肥満の原因は日常の食事による摂取カロリーが消費カロリーより多い場合です。消費されずに残ったエネルギーは「グリコーゲン」という形で肝臓や筋肉の中などに蓄えられていきます。

グリコーゲンとして蓄えられる以上のエネルギーが体内にある場合、それらは中性脂肪(トリアシルグリセロール)という物質に変えられて貯蔵されます。この中性脂肪こそがぜい肉の正体なのです。

もし、犬の体重が5kgだったとして、1㎏体重が増えるということは体重60kgの人間に例えると12kg太ったのと同じくらいの体重の増え方なのです。

肥満になってしまうと体に様々な弊害が出てきます。例えば、体重が重くなりすぎるために足腰への負担が大きくなります。ひどくなると関節やじん帯、椎間板などを痛めてしまうのです。

また、体重が増えることによって常に歩くときの負担が増え、心臓に負担をかけてしまったり、首の周りに脂肪が着き、気道が圧迫されて呼吸がしにくくなってしまう、糖尿病のリスクが高まるなど、肥満になってしまっていいことは何一つありません。

ペット,万歩計

 

わん歩計,wp-350
わん歩計の作用と副作用効果

犬の運動不足解消には散歩が一番手軽で効果も大きいでしょう。しかし、ダラダラと時間をかけて散歩したり、激しい過剰な運動を続けてしまうと犬を疲れさせてしまったり、関節などを痛めてしまったり、また成長期の犬では骨に負担がかかりすぎて骨が変形してしまう危険性があります。

小型犬は30分、大型犬は1時間を目安に犬の体調・体力を見ながら行ってください。
散歩により運動不足の解消だけでなく、愛犬のストレス解消の効果も期待できます。

わん歩計,wp 500
わん歩計の使用方法(投与方法)

わん歩計は犬用に開発された万歩計です。犬の動きを検知して運動量と運動時間を計測してくれます。

また、人用モードにすれば飼い主の万歩計としても使用できます。
過去7日間のデータが保存でき、7日間の平均値、1日の累計データなどをチェックできるので愛犬の運動量を確認して運動不足の防止に役立ちます。

わん歩計を犬の首輪やハーネスに取り付けることにより3D加速度計で犬の動きを検知して運動時間、運動量を計測します。

使用方法について画像付きで詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
山佐,わん歩計
・商品の評判や口コミの感想

【一部抜粋記載】

愛犬の太りすぎが気になり始めたのでいつもどれだけ運動させられているのかを知りたくてわん歩計を購入しました。

毎日記録をつけるようにしているのですが、最近はわん歩計を首輪に着けると散歩に行けると分かったようでわん歩計を見ただけでジャンプしながら喜びます。

 

他のレビューや口コミ感想を詳しく見る!
↑ (リンク先ページ下掲載) ↑
アマゾン,わん歩計

このページは犬猫のペット用お薬のわん歩計の効果や使用方法に加え、実際に購入された人のレビューや口コミについても詳しく比較できるように記載しております。実際に利用したいけど、どういう効能・効果があるのか調べたい・または使い方や使用用途などの口コミを調べている人に向けて情報提供しています。始めは動物病院の獣医師から処方してもらい使い始めますがそれ以降はネット通販で激安価格・格安でのご購入がお財布にも優しくお得です。格安なのは個人輸入代行をしているうさパラやペットくすりが老舗で安全保証で安心できるペット専門のお薬やさんになります。