私がペットを飼い始めたのは大学生の頃でした。

なんとなく高校生の反抗期で、家族との距離ができてしまい家族で集まってどこかへ出かけることはもちろんなく、リビングでみんなで過ごすということも全くなかったです。

それぞれが自分の部屋にこもっている時間が長く一緒に過ごす時間はほとんどありませんでした。

ところが母の希望でトイプードルを飼い始めてから、ペットを中心に徐々に会話が増えました。

ワンちゃんが赤ちゃんの頃引き取ったので、まだよちよち歩きの様子がとっても可愛くて毎日みんなで虜になって写真を撮っては代わる代わる抱っこして自然と家族みんなの距離が縮まりました。家族でリビングに集まることもしょっちゅうです。

そして一番の思い出になったのはワンちゃん連れの家族旅行が出来たことです。家族旅行なんて子供の頃以来行ったことがなく、ペットがいなければ照れ臭くてきっと行かなかったと思います。

みんなで車で移動する道中もあそこへ行こうなど会話も弾み、現地に着いてからも写真をたくさん撮って素晴らしい思い出ができました。

もちろん人だけで行く旅行より行動範囲が狭くなってしまったり、時間がかかってしまったりはするのですが、それよりも天真爛漫にはしゃいでいるワンちゃんの姿を見て癒されたり、変な動きをするワンちゃんを見てみんなで一緒に笑うことも増えて本当に面白かったです。

忘れかけていた家族の絆を取り戻してくれたペットに心から感謝しています。