ある日子猫を拾いました。生後2か月くらいで三毛猫の可愛く人懐っこい子です。
猫を飼うのが初めてだったので慌てて獣医さんへ連れて行きました。

体重や体調のチェックをしてもらい耳にダニが居ないか顕微鏡で検査して頂きました。
すると耳ダニが沢山ついていて普通のノミダニの薬では効かないという事でお腹の中の寄生虫まで駆除してくれるお薬を処方されました。

首の後ろ側にポチンと滴下するタイプのお薬ですがものすごい効き目で翌朝猫用のトイレに何やら細いそうめんみたいなものが出ていてびっくり。
慌てて獣医さんに電話をすると「それがお腹の中に居た寄生虫ですよ」と教えていただき2度ビックリ。

この子は今まで何を食べて生きてきたんだろうかと思うとなんだか可愛そうで胸が苦しくなってしまいました。
その後も耳ダニはしぶとく居座り2週間に1度獣医さんに診て頂き毎日自宅では耳の洗浄をしました。

耳洗浄は専用の液体を獣医さんから購入して耳の中にその液体を入れてくちゅくちゅと揉みこんで汚れを落とす作業です。
とても嫌がるので家族と2人がかりで頑張りました。猫の身体を傷付けてしまわないようにタオルで包んで保定しました。

その甲斐があって2か月程で耳の中はすっかりきれいになりました。元々お転婆な子だったので外に行きたがり完全室内外は夢と消えました。
生後半年を過ぎてから避妊手術を受けさせ外にも自由に行き来出来るような飼い方にしました。

そうなると春先からノミダニの心配をしなければいけません。毎年ノミダニの薬を購入し寒くなるまでは薬を滴下するようにしています。