私はミニチュアダックスフントを元々は2匹飼っていました。最初は今の妻と結婚する前に同棲し出した時に、まず1匹目のミニチュアダックスフントのオスを飼いました。

それから1年後に、同じミニチュアダックスフントのメスを飼いました。同じミニチュアダックスフントを夫婦にして、子どもを産んでもらおうと考えたからです。

赤ちゃんは直ぐに出来たのですが、メスの出産の時が大変でした。自然分娩で普通に産んでくれると思っていたのですが、ミニチュアダックスフントのメスの体が少し小さかった為、難産になり、自然分娩出来なかったのです。

なのでそれに気づいて直ぐに、動物病院に連れて行き、帝王切開をしてもらいました。

最初、お腹の中の子犬の命は保証できないと言われたのですが、奇跡的に4匹とも無事に産まれました。本当に嬉しかったです。その4匹はそれぞれ買ってくれる人がいたので買って頂きました。

少しブリーダーのような事が出来るのかなと思ったのですが、とてもじゃないが、それは出来ないという事が分かりました。

その後夫婦で仲良くミニチュアダックスフントの夫婦は過ごしていたのですが、3年前に、オスのミニチュアダックスフントは、前立腺ガンで亡くなってしまいました。

本当に犬はペットなのですが、一度飼ってしまったら、家族だなという事を実感しました。

悪い事ばかりして、人間の食べ物も一人になったら食べているオスのミニチュアダックスフントでしたが、今となれば、良い思い出です。メスのミニチュアダックスフントは、今も自分のウンコを時々食べながら元気に生きています。

今は14歳になりました。ペットの犬は本当に可愛いです。そしてペットではなく、やっぱり一度飼ってしまったら家族になります。