我が家には2016年6月生まれのかわいいかわいいジャンガリアンハムスターの男の子がいます。今現在、2歳6ヶ月になり、ハムスターの年齢で言えばもうおじいちゃんです。

生まれた頃はとても小さくてご飯もなかなか食べてくれなくて、ペットショップや動物病院に足を何度も運び、お世話の仕方を習ったものです。

我々夫婦に子どもが生まれ、子どもの声や泣き声にストレスをためていないかと心配な日々もありました。しかし、我が家のハムちゃんはとても元気にここまで生き延びてきました。

長生きのポイントの一つは大きなケージかなと夫婦で話が合いました。我が家のハムちゃんには水槽タイプの大きなケージをパイプで繋いで2つ続きで移動できるように工夫したお家を提供しています。

広々としたケージを行ったり来たりしながら、自由に動き回り、ストレスフリーな生活を送ってもらえてるのではないかなぁと思います。
ハムちゃんのケージといえば、金網のものがよく売られていますが、あれは歯を痛めるのでよくありません。

また、足を挟んでしまったりして怪我をしてしまう事も少なくありません。
また、冬場は風通しが良すぎてしまいまい、お家の中の温度が下がり、ハムスターの体温に影響を与えてしまう場合が多いです。なので、金網タイプよりも水槽タイプがお勧めですね。

もう一つハムちゃんの健康に欠かせないのは食べ物です。脂質の多すぎるひまわりの種はもってのほか。そばの実がハムスターの健康に良いと知り合いに教えてもらい、我が家のハムちゃんには毎日少しずつそばの実を与えています。

また、たくさんの種類のハムちゃん用のスナックが売られていますが、そういったものは極力与えないように、ペレットと少量のそばの実、たまに新鮮なお野菜やフルーツを与えることで長く元気に一緒にいられるのではないかと思います。

我が家のハムちゃんは目指せ3歳です。

毎日のお世話を欠かさず、あまり触らず、ハムちゃんに1日でも長生きしてもらいたいものです。