猫を飼うならある程度自由にさせられる環境を用意することが大事ですよ。猫は自由を愛する生き物なので犬のように鎖につながれている状態は耐えられません。

猫のことを好きで幸せにしたいために飼っている人はこの点をよく分かっています。猫のことがよく分からないまま捨て猫を拾ってきた流れで飼っている人は猫の習性や性格など少し勉強しましょう。

猫は室内飼いできるけれど室内飼いに慣れるまでの間は外に出たがるのが普通ですよ。子猫の時はやんちゃだから窓を開けた一瞬で脱走してしまうことがあります。

だから子猫の時はケージに入れっぱなしにしないように、家の中全てどこでも行けるように配慮すると猫のストレスを減らすことができます。

それから観葉植物を家にいくつか置くと良いですよ。植物があると動物は安心します。猫が飲み込んだ毛を吐くために食べる植物が売っているのでそれを切らさないようにすることも大事。

わたしは猫を飼っていたときその植物をいくつか置きそれ以外にいろんな植物を各部屋に置いていました。


猫は成長すると少しずつ落ち着いてきます。できるだけ各部屋の扉は開けたままにして広い空間を作ってあげると脱走を防ぐことができます。

洗面所のドアや子供部屋のドアも全て開けておくようにすると猫は好きな場所を選んでそこに落ち着きます。

季節によって猫が好む場所が変わります。猫を飼うならくれぐれも犬を飼うような飼い方をしないように気をつけることです。