我が家には今、五歳のココと三歳のモモ、二匹の雌猫がいるのですが、今から五年前に最初のココを里親サイトからもらったのは、そのちょうど一年ほど前に十八年生きた先代のリリが老衰で亡くなり、猫がいない生活に耐えられなくなってきたからでした。

このリリはとても小柄であまり人になつかない猫で、声も上げないおとなしい猫だったのですが、ココはまるで正反対で大柄で骨太な猫なうえ、子猫ということもあって驚くほど暴れん坊で凶暴で、家族は皆流血騒ぎの傷だらけで、家の壁もボロボロになってしまうほどでした。

もともとよく食べる子だったのですが避妊手術をしてからはますます食欲もアップして、今では立派なデブ猫になってしまいました。

ココは凶暴ですがリリと同じく、自分が甘えたいときだけすり寄ってくる典型的なツンデレ猫タイプですが、その後に同じ里親サイトからもらい受けた現在三歳のモモは、まるで犬のような猫で、もう立派な大人の猫にもかかわらず、名前を呼べばどこにいても全力ですっ飛んでくるんです。

また常にすりすりと甘えてくる子で、夫とはスーパーボールをキャッチしあう遊びが毎日の日課となっているような、かなり犬寄りの変わった猫です。

私も子供の頃から猫を飼っていたので猫は慣れていますが、ここまで甘えたな猫は初めてで、こんな猫もいるのねとメロメロです。

人間側の勝手で寝ている時に触りまくっても絶対に噛まないし、何をされても我慢をして受け入れてくれるモモは、私たちにとってかなりの癒しの存在です。